報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

女性に性的暴行 1審の無罪取り消し懲役4年実刑判決 福岡高裁

 福岡市の飲食店で、酒に酔った女性に性的暴行をした罪に問われた被告の2審の判決で、福岡高等裁判所は1審の無罪判決を取り消し、懲役4年の実刑を言い渡しました。1審の無罪判決は「フラワーデモ」と呼ばれる性暴力をめぐる司法への抗議が広がるきっかけの1つになっていました。
 この裁判では福岡市の椎屋安彦被告(44)が、平成29年に福岡市の飲食店で開かれたサークルの懇親会で、酒に酔った女性に性的暴行をした罪に問われました。
 裁判では「相手が抵抗できない状態につけこんで行為に及ぶ」という有罪の要件をめぐって争われ、1審の福岡地方裁判所久留米支部は「女性が酒に酔って抵抗できない状態だったことを、被告が認識していたとは言えない」として無罪を言い渡しました。
 検察側が控訴し、被告は2審で検察からの質問に対して黙秘していました。
 5日の判決で、福岡高等裁判所の鬼澤友直裁判長は「被告は女性が深酔いして眠り込んでいる状態につけ込んでいて、抵抗できない状態だったと認識していた。犯行は卑劣で女性が被った肉体的、精神的苦痛も大きい。被告は不合理な弁解に終始し、女性の名誉をさらに傷つけ刑事責任は重い」として、1審の無罪判決を取り消し、懲役4年の実刑を言い渡しました。
 1審の無罪判決は、別の裁判の無罪判決とともに「フラワーデモ」と呼ばれる、性暴力をめぐる司法への抗議が全国で広がるきっかけの1つになっていて、2審の判断が注目されていました。
 逆転の有罪判決について、福岡高等検察庁の佐藤隆文次席検事は「検察官の主張が認められたもので妥当な判決だ」としています。
 一方、被告の弁護士は「判決内容を精査して適切な対応をしたい。上告するかどうかはこれから検討する」と話しました。
 性暴力めぐる無罪判決 デモのきっかけに
 性暴力をめぐる無罪判決は、去年、福岡と同じ時期に各地で言い渡され、「フラワーデモ」が広がるきっかけになりました。
 このうち、愛知県内で父親が当時19歳の実の娘に性的暴行をした罪に問われた裁判では、名古屋地方裁判所岡崎支部が、娘が同意していなかったことは認めた一方で「相手が抵抗できない状態につけこんだ」という有罪の要件を満たしていないとして、無罪を言い渡しました。
 こうした無罪判決は大きな波紋を呼び、性暴力の被害者などが有罪の要件の撤廃などを求める動きにもつながりました。
 性暴力の被害者や支援者などの団体は、裁判で被害の実態が踏まえられていないとして、法務省や最高裁判所に対して、被害者が抵抗できたように思えるような状況でも抵抗できない場合があるとして、刑法の要件を見直すことや、被害者の心理に関する研修を裁判官に対して行うことなどを求める要望書を提出しています。
 性暴力の被害者の心に寄り添う「フラワーデモ」
 去年4月から始まったデモは、性暴力の被害者の心に寄り添う気持ちを花で表現しようと「フラワーデモ」と名付けられ、毎月11日に各地で行われています。今では全国39か所にまで広がりました。
福岡県のフラワーデモの発起人の1人で、性暴力の被害にあった女性の話を聞いてきた臨床心理士の黒瀬まり子さんは、去年3月、福岡地裁久留米支部の無罪判決を聞いて、衝撃を受けたと言います。
 黒瀬さんは「とにかく驚きというか、憤りでした。これで無罪になる国なんだということに絶望しました。それが福岡の久留米だったので、さらにショックを受けたし、がっかりしました」と話していました。
 そして、東京でフラワーデモが開かれることを知って知人などに声をかけ、福岡県でもことし5月からフラワーデモを始め、福岡市中央区の警固公園でこれまでに9回行いました。毎回、数十人が集まって、それぞれの胸の内を話しています。
 黒瀬さんは5日の判決を傍聴したあと「判決を聞きながら、心が震えて、本当によかったと思いました。被害者のつらさは消えることはないですが、おかしいと声を上げて、それが結果としてしっかり返ってくることにとても勇気づけられました。フラワーデモの活動はこれからも続けていき、私たちの思いが届いてくれたらいいと思います」と話していました。
(2020年2月5日 18時15分 NHK)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます