報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

九州北部豪雨熊本市の賠償を破棄

 8年前の九州北部豪雨で熊本市が管理する農業用水路があふれて施設の一部が壊れたとしてゴルフ練習場が賠償を求めた裁判で、福岡高裁は熊本市に賠償を命じた1審判決を取り消した。 この裁判は、熊本市東区のゴルフ練習場の経営者が2012年7月の九州北部豪雨で農業用水路からあふれた水が流れ込み、壁が壊れるなどの被害を受けたとして用水路を管理する熊本市に損害賠償を求めたもの。1審の熊本地裁は熊本市の責任を一部認めたため熊本市が控訴していた。 判決で福岡高裁の阿部正幸裁判長は「九州北部豪雨は事前に想定できない記録的な雨量だったうえ用水路の安全性に問題はなかった」とし、1審の判決を取り消した。 原告側の板井俊介弁護士は「行政に甘い判決で同じ被害が繰り返される」としている。 熊本市は「これからも適正な管理を行っていく」とコメントしている。
(2020.10.09 18:59 日テレ)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます