報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

羽賀研二被告、二審も実刑 強制執行妨害、刑は減軽 福岡高裁支部

 差し押さえを免れる目的で、所有していた不動産を離婚した元妻に財産分与したとして、強制執行妨害罪などに問われた元タレント羽賀研二=本名・當真美喜男=被告(59)の控訴審判決が10日、福岡高裁那覇支部であった。
 大久保正道裁判長は、懲役1年6月とした一審那覇地裁判決を破棄し、懲役1年2月の実刑判決を言い渡した。
 一審判決は、羽賀被告による元妻への不動産の財産分与を虚偽登記による偽装と認定したが、大久保裁判長は「偽装と認めた判断には事実誤認がある」と判断し、刑を減軽した。
 一方、所有する全ての不動産を元妻に譲渡したことについては、「高額な不動産の差し押さえを妨害しようとしたもので、悪質な行為との評価を免れない」と指摘した。 
(9/10(木) 18:50 時事通信)

羽賀研二被告、2審も有罪 強制執行妨害の罪で

 詐欺事件の被害者への賠償に充てられる不動産を差し押さえられないよう元妻に譲渡したように見せ掛けたとして、強制執行妨害目的財産損壊などの罪に問われた元タレント羽賀研二被告59=本名・當眞美喜男=の控訴審判決公判が10日、福岡高裁那覇支部であった。
 大久保正道裁判長は懲役1年6月とした一審那覇地裁判決を破棄し、懲役1年2月に減刑した。被告側は無罪を主張していた。
(9/10(木) 14:56 沖縄タイムス)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます