報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

元米軍属、二審も無期懲役 沖縄女性殺害

 沖縄県うるま市で2016年、女性会社員(当時20)を暴行、殺害したとして殺人罪などに問われた元米海兵隊員で軍属だったシンザト・ケネフ・フランクリン被告(34)の控訴審判決で、福岡高裁那覇支部(大久保正道裁判長)は20日、無期懲役とした一審・那覇地裁判決を支持し、被告の控訴を棄却した。
 弁護側は一審に続き、殺意を否認。強姦致死と死体遺棄の罪は認めていたが、逮捕直後の自白は信用できないとして、殺人罪について無罪を主張していた。
 大久保裁判長は判決理由で、被告の供述に基づいて被害者の遺体や凶器が発見されたことから「自白の重要部分は客観的に裏付けられている」と指摘。裁判員裁判だった一審判決と同様、信用できると判断した。
 その上で「人を死なせる危険な行為をしているという認識が被告にはあった」とし、殺意についても認定した。
 判決によると、被告は16年4月、うるま市の路上で女性を乱暴目的で襲い、ナイフで首付近を刺すなどして殺害した。
 事件では日米両政府が今年7月、女性の遺族に見舞金を支払った。〔共同〕
(2018/9/20 14:34 日経新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます