報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

白い粉ユーチューバー罰金40万円 福井簡裁判決、動画の広告収入は10万円

 JR福井駅(福井県福井市)近くの交番前で覚醒剤に見せかけた白い粉入りの袋を落として逃走し、警察官に追跡させる動画が「ユーチューブ」に投稿された事件で、警察官の業務を妨害したとして偽計業務妨害の罪に問われた同県越前市、自称広告業鹿谷大治被告(32)の判決公判が5月21日、福井簡裁であった。小川正照裁判官は求刑通り罰金40万円を言い渡した。
 動画は「覚醒剤いたずらドッキリ」と題して投稿。130万回以上再生され、広告収入は約10万円だったという。被告は、簡裁から受けた罰金40万円の略式命令を不服とし納付せず、正式裁判に移行していた。
 被告は、元妻と共謀し昨年8月26日、福井駅近くの交番前で、覚醒剤に見せかけたグラニュー糖入りのポリ袋を故意に落とし逃走することで、交番勤務などの業務を妨害したとして起訴されていた。
 被告の弁護人は、警察業務は強制力のある「権力的公務」で、偽計業務妨害罪が対象とする「業務」には当たらないとして無罪を求めていた。
(2018年5月21日 午後1時34分 福井新聞)

「白い粉」動画、無罪主張の男に罰金40万判決

 覚醒剤に見せかけた袋を警察官の前に落として騒ぎを起こしたとして偽計業務妨害罪に問われた被告の男(32)に対し、福井簡裁(小川正照裁判官)は21日、求刑通り罰金40万円の判決を言い渡した。
 被告は名古屋高裁金沢支部に即日控訴した。
 判決によると、被告は昨年8月、福井市内の交番の前で白い粉入りの袋を落として逃げ、警察官28人を出動させて業務を妨害した。小川裁判官は、被告が逃走の様子を動画投稿サイト「ユーチューブ」に公開した点に触れ、「主な動機は広告料収入を得るため。巧妙かつ計画的な犯行であり、刑事責任は軽視できない」と述べた。
 被告は昨年10月、同簡裁が出した罰金40万円の略式命令を不服として正式裁判を請求。公判では「動画は覚醒剤撲滅の啓発のため」などと無罪を主張していた。
(2018年05月22日 07時33分 読売新聞)

白い粉動画で罰金「納得いかねぇから控訴する」

 「納得いかねぇから控訴する」
 福井市で昨年8月、覚醒剤に見せかけた白い粉入りの袋を交番の前で落として逃げ、騒ぎを起こしたとして偽計業務妨害罪に問われた被告の男(32)の判決。21日、福井簡裁で不服としていた略式命令と同じ罰金40万円を言い渡され、悔しさを隠さなかった。
 この日、被告は白い丸首のシャツに紺のスーツ姿で入廷。裁判官に「覚醒剤撲滅ではなく、面白い動画を撮って再生回数を上げるのが目的だった」と指摘された瞬間は身じろぎし、その拍子に足が証言台に当たって音を立てた。
 閉廷後、集まった報道陣に「うわ、いっぱいいる」と笑顔を向け、判決を「予想通り」と言う余裕を見せた。
 だが、「それならなぜ正式裁判を請求したのか」と問われると、「気にくわないから」と語気を強めた。裁判を振り返った感想を聞かれて「ノーコメント」と言い残し、大型バイクのエンジン音を響かせながら去っていった。
 ◆異例の所持品検査
 計5回の公判で簡裁は、傍聴者が法廷で動画撮影することがないよう<厳戒態勢>をとった。この日も法廷前に臨時の検査所を設けて、職員が金属探知機で所持品を入念にチェック。スマートフォンなどの電子機器の電源が切れているかどうか確認していった。
 裁判官も毎回「携帯電話を手に取る動作をした場合でも、退廷を命じることがあります」と厳しい口調で述べた。
 だが、全公判を通じて実際に傍聴席を埋めたのは、ほとんどが報道関係者で、この日も空席が目立った。
(2018年05月22日 10時53分 読売新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます