報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

ヘリウムガスで6歳長女殺害の母親に懲役8年 富山地裁判決、承諾殺人認めず

 昨年10月に富山市婦中町牛滑の自宅で、ヘリウムガスを吸引させて長女の萩凜々(りり)ちゃん=当時(6)=を殺害したとして、殺人罪に問われた母親の無職、萩潤子(ひろこ)被告(37)の裁判員裁判判決公判が29日、富山地裁であり、大村泰平裁判長は懲役8年(求刑・懲役10年)を言い渡した。殺害に関して長女の同意はなかったとし、争点だった承諾殺人罪の成立は認めなかった。
 判決理由で大村裁判長は、長女の発達は年齢相応だったとして「死を理解していたとは考えにくい」と指摘。被告に対する「一緒に死んでもいいよ」との発言については「心中を望む母の願いをかなえてあげたいと考えた」と推し量った。これらの点から、殺害への有効な同意はなかったと判断し、承諾殺人罪が成立するという弁護側の主張を退けた。
 その上で「被害者に死なねばならない理由はなく、身勝手に命を奪った」と断じた。心中の練習をさせるなど、計画性も認められるとした。一方で、自首が成立し、家族や友人が更生を支援する意思を示していることを考慮し、量刑を判断したとした。
 執行猶予を求めていた弁護側は「本人と話し合って控訴するかどうか決める」とした。富山地検は「特にコメントはない」とした。
 判決などによると、被告は昨年10月2日未明、自宅で長女の頭にビニール袋をかぶせてヘリウムガスを吸わせ、低酸素脳症で死亡させたとされる。被告も同じ方法で自殺を図ったが失敗し、自首したという。
 ■「死は救いではない」
 萩被告は紺色のワンピースを身に着けて入廷し、判決を聞いた。主文や判決理由の読み上げには、まったく表情を崩さなかった。
 様子が変わったのは、判決言い渡し後に裁判員と裁判官からのメッセージが読み上げられた時だった。
 「つらいことがあったかもしれないが、死は救いではない。何の解決にもならない。生きて罪を償って、凜々さんに恥じない人生を送ってください」
 うつむいてすすり泣く萩被告に、大村裁判長は「分かっていただけましたか」と問い掛けた。萩被告は無言で、ただ涙ぐむばかりだった。
(10/29(木) 15:44 北日本新聞)

母親に懲役8年 承諾殺人は成立せず(富山県)

 無理心中をしようとして当時6歳の長女を殺した罪に問われている母親の裁判員裁判で、富山地方裁判所は29日、懲役8年の判決を言い渡しました。争点となっていた承諾殺人罪の成立は認められませんでした。
 判決を受けたのは、富山市婦中町牛滑の無職 萩潤子被告(37)です。
 判決などによりますと、萩被告は去年10月、長女の凛々ちゃん(当時6歳)の頭にビニール袋を被せ、ヘリウムガスを吸わせて殺したとして、殺人の罪に問われていました。
 裁判で弁護側は、被告は自殺願望があり、長女に繰り返し「死」について説明し、長女も「死」の意味を理解して殺害に同意していたとして、「承諾殺人」が成立すると主張していました。
 一方、検察側は、長女が事件当日に死ぬことを告げられ、直ちに同意し、怖がるそぶりを見せなかったことは「死」を理解していなかったためで「承諾殺人」は成立しないとして、懲役10年を求刑していました。
 判決で大村泰平裁判長は、被告は2016年ごろから心中を具体的に考え始め、長女も「お母さんと一緒に死んでもいいよ」と、言うようになっていたことは事実として認定しました。
 その一方で、長女は幼く、常識的に考えて、「死」を理解する能力があったとは到底言えず、また「死」を同意したことは、被告から繰り返し「死にたい」と言われたことで、被告の望みを叶えたいと思ったためで「承諾殺人」は成立しないとして、被告に懲役8年の判決を言い渡しました。
 最後に大村裁判長は「あなたに言われるままに凛々さんは生涯を絶った。責任の重さをわかってほしい。しかしあなたが死のうとして生きながらえたのは、凛々さんが守ってくれた命だと思ってください。死ぬのではなく生きて償い凛々さんに恥じない人生を送ってくれることを心から願っている」と諭しました。
(10/29(木) 19:20 北日本放送)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます