報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

駐在所襲撃で懲役14年判決 強殺未遂の元富山大生に

 富山西署の池多駐在所で昨年1月、警察官を襲い、拳銃を奪おうとしたとして、強盗殺人未遂や公務執行妨害などの罪に問われた元富山大生、前田将輝被告(23)の裁判員裁判で、富山地裁(大村泰平裁判長)は20日、懲役14年(求刑懲役20年)の判決を言い渡した。
 公判で弁護側は被告が鑑定留置で自閉スペクトラム症と診断されたことを考慮するよう求めるとともに、拳銃を奪うのが目的で警官を殺害しようとまでは考えていなかったと主張していた。
 大村裁判長は判決理由で「自殺願望を急速に高め、暴力行為に及ぶ直線的行動には症状が影響したとうかがわれるものの、行為の違法性を認識しており、影響は限定的だった」と判断した。
 その上で「確定的な殺意を有していたとは言えないが、犯行態様の危険性は高く、殺意が未必的だったことは大きく酌む事情にはならない」と指摘した。
 一方で警官のけがが全治2週間にとどまったことを相当程度考慮すべきだとし、「反省の態度や更生の意志を示しているほか、父親が出所後の支えになると約束している」と量刑の理由を述べた。
 判決によると、前田被告は昨年1月24日午後3時ごろ、拾得物の申し立てに対応した山本宏樹巡査部長(31)の頭をハンマーで殴り、首を小刀で突き刺すなどした。〔共同〕
(2020/1/20 15:40 (2020/1/20 20:05更新) 日経新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます