報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

にいかわ信金 詐欺の元職員 懲役3年実刑判決 富山地裁

 にいかわ信用金庫(富山県魚津市)の顧客から預かった現金をだまし取ったとして、詐欺の罪に問われた元職員で同市の無職小竹淳一被告(53)の判決公判が二十五日あり、富山地裁は懲役三年の判決を言い渡した。
 大村泰平裁判官は、判決理由で「被告人への被害者の信頼を裏切る卑劣な犯行で、情状酌量すべきところは見当たらない。信金への弁済の準備が進められていることなどを考慮しても、実刑が相当」と述べた。
 判決などによると、小竹被告は信金に勤務していた二〇一四〜一六年に国債購入手続きを装い、知人や夫婦から計千九百六十万円をだまし取ったとされる。だまし取った金は借金の返済や飲食費に充てていた。 
(2018年7月26日 中日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます