報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

富山県氷見市で起きた強姦事件で再審無罪となった柳原浩さん(47)が国や県に約1億円の国家賠償を求めた訴訟の判決で、富山地裁(阿多麻子裁判長)は9日、捜査員が意図する答えを得るまで同じような質問を繰り返す取り調べは「記憶を喚起するという目的を逸脱し、回答を押しつけるのと変わらない」として違法性を認定した。
柳原さんの弁護団によると「国賠訴訟で供述の誘導だけで取り調べの違法性が認められるのは初めてではないか」としている。柳原さんは判決後「判決は50点くらい。評価できる部分とできない部分がある。控訴するか弁護団と相談して考えたい」と話した。
県警の松江一弥首席監察官は「無実の人を逮捕したことをあらためておわびする。判決を精査し慎重に対応を検討する」とのコメントを出した。
地裁は、県に約1966万円の賠償を命じたが、検察官の起訴は適法だったとし、国の賠償責任は認めなかった。弁護団の奥村回弁護士は「検察は警察捜査をチェックする必要はないということか」と不満を示した。
判決は取り調べの違法性のほか、現場に残された靴の跡と柳原さんの足のサイズが食い違っていたのに捜査員が無実の可能性を検討しなかったことを認定。検察官の起訴に関しては「虚偽自白と容易に認識できたとは認められない」として合理性があったとした。〔共同〕
(日本経済新聞2015/3/10付)

富山冤罪 県に賠償命令 1900万円 捜査の違法性認定
富山県氷見市で二〇〇二年に起きた強姦(ごうかん)事件で再審無罪となった柳原浩さん(47)が、違法な捜査で逮捕、起訴され、約二年間の服役を強いられたとして、国や県に約一億四百万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、富山地裁(阿多(あた)麻子裁判長)は九日、「取り調べで虚偽の自白を作り出すなど、警察の捜査に違法性があった」として県に約千九百六十六万円を支払うよう命じた。
一方、検察官による起訴については「虚偽の自白と容易に認識できたとは認められず、合理的根拠に欠けていたとは言えない」との判断を示し、国への請求は退けた。柳原さんの弁護団は「一部勝訴と言えるが、判決文を精査したい」と話している。
〇七年十月に再審無罪が確定した柳原さんが「冤罪(えんざい)の原因を究明し、責任を追及したい」と〇九年五月に提訴していた。弁護団によると、再審無罪事件で国家賠償を命じた判決は過去に二件あるが、いずれも控訴審で覆り、敗訴が確定している。
判決によると、富山県警の捜査員は逮捕した柳原さんが事件の主要な部分を供述できないことを認識しながら、強い心理的圧迫を加え、虚偽の自白を作り出した。被害者の証言を過度に重視する余り「事件現場の足跡と同じサイズの靴を持っていない」という柳原さんの供述や柳原さん宅の家宅捜索結果を軽視した。
いずれも「警察官に認められた裁量を逸脱乱用しており、国家賠償法上、違法と言うべき」としている。
捜査で柳原さんが精神的苦痛を受け、心的外傷後ストレス障害(PTSD)に苦しんだことも認めた。
<氷見の冤罪事件> 富山県氷見市で2002年に発生した強姦事件で、タクシー運転手だった柳原浩さんが誤認逮捕された上、富山地裁高岡支部から実刑判決を言い渡され、約2年間服役した冤罪事件。06年に鳥取県警が強制わいせつ容疑で逮捕した男の自白から誤認逮捕が判明し、富山県警と富山地検が柳原さんに謝罪した。柳原さんは07年に再審無罪が確定し、09年に国家賠償を求める訴訟を起こした。
2015年3月9日 東京新聞夕刊

戻る

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます