報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

猫虐待、求刑より重い判決 「愛護意識高まり考慮」

 他人の飼い猫を持ち去り、虐待を加え死なせたとして、器物損壊と動物愛護法違反の罪に問われた富山市布目の無職、新村健治被告(52)の判決で、富山地裁高岡支部(梅沢利昭裁判官)は17日、懲役8月、執行猶予4年(求刑懲役6月)を言い渡した。
 梅沢裁判官は判決理由で、求刑より重い判決を言い渡したことについて「(検察側は)判例などから量刑を考えたと思うが、最近の動物愛護意識の高まりを考えると軽いと言わざるを得ない」と指摘。被告の行為は「残虐で計画的。虐待を楽しんでおり、酌量の余地はない」とした。
 判決によると、新村被告は5月19日、富山県射水市の路上で飼い猫1匹を持ち去り、同23日ごろまで自宅浴室で腹を棒で突くなどの虐待を加え、殺した。
 県警が6月、同じ猫の窃盗容疑で新村被告を逮捕。7月に富山地検が器物損壊と動物愛護法違反の罪に切り替え、起訴していた。〔共同〕
(2019/9/17 15:16 日経新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます