報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

持続化給付金詐欺の女に執行猶予刑 虚偽申請で300万円詐取 那覇地裁

 新型コロナウイルス対策の持続化給付金計300万円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われたさいたま市の美容・健康系インストラクターの女(37)に、那覇地裁(坂本辰仁裁判官)は13日、懲役2年6月、執行猶予4年(求刑懲役2年6月)の判決を言い渡した。
 判決によると、被告は母や姉、知人の名義で虚偽の申請をし、計300万円を詐取した。
(7/14(水) 11:29 琉球新報)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます