報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

糸満市の傷害致死事件 男に実刑判決

 2020年、糸満市で起きた傷害致死事件の裁判員裁判、被告の男に実刑判決です。
 この裁判は、浦崎将規被告(32)が2020年5月、糸満市西崎で当時41歳の男性の顔を複数回、踏みつけるなど暴行を加え、その後、死亡させた傷害致死の罪に問われているものです。
 浦崎被告は初公判で「間違いありません」と起訴内容を認めていました。
 2021年1月20日の判決で那覇地裁の小野裕信裁判長は「ケンカが発端になったとはいえ、既に抵抗できない被害者に暴行を加え続けたことは行き過ぎた行為」などとして、検察側の懲役9年の求刑に対して懲役5年6カ月の実刑判決を言い渡しました。
 弁護側は「被告本人と相談して控訴するかどうか決める」としています。
(1/20(水) 21:21 琉球朝日放送)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます