報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

母親殺害の元刑務官に無罪判決 沖縄発

 去年7月、那覇市で同居する母親を殺害した罪に問われた元刑務官の裁判員裁判で、那覇地方裁判所は被告には刑事責任能力が無かったと結論付け、無罪判決を言い渡した。
 那覇市の住宅で沖縄刑務所の元刑務官の男性(57)は去年7月、那覇市の住宅で当時85歳の母親の首や胸を包丁で刺して殺害し、殺人の罪に問われていた。
 被告が犯行当時精神疾患を患っていた事から、裁判員裁判では被告の刑事責任能力の有無が争点となった。
 弁護側は「善悪を判断し行動を制御する能力がなく心身喪失の状態だった」と無罪を主張したのに対し、検察側は「責任能力が全くなかったとは言えず、動機は身勝手」などと懲役6年を求刑していた。
 31日の判決で、那覇地裁の大橋弘治裁判長は「被告に善悪を判断し、行動を制御する能力が残っていたとするには疑いが残る」として刑事責任能力を認めず、無罪判決を言い渡した。
 判決を受け那覇地方検察庁は「判決内容を精査し適切に対応したい」とコメントしている。
(7/31(金) 19:40 沖縄テレビ)

母親殺害の元刑務官に無罪 那覇地裁が心神喪失を認定

 昨年7月、那覇市内の自宅で同居する実母=当時(85)=を包丁で刺して殺害したとして、殺人罪に問われた沖縄刑務所元刑務官の男性被告(57)に対する裁判員裁判の判決公判が7月31日、那覇地裁(大橋弘治裁判長)であった。大橋裁判長は精神疾患の影響で「善悪の判断ができていた部分があったと認めることはできない」などとして男性に無罪を言い渡した。
 判決では、犯行当時、男性が「母親を殺せという幻聴に支配されていた」とし、「善悪を判断する能力と、その判断に従って行動をコントロールする能力の双方が限定的にでも残っていたとは言えない」と判示した。
 公判では、男性側が起訴事実を認め、男性の精神疾患が犯行に及ぼした影響の度合いについて争われた。
 弁護人が刑事責任能力のない「心神喪失」の状態だったとして無罪を主張したのに対し、検察は刑事責任能力が部分的に残る「心神耗弱」の状態だったとして懲役6年を求刑していた。
 弁護人は「難しい判断だったと思うが、こちらの主張が認められた」と判決を評価し、那覇地検は「判決内容を精査し、適切に対応したい」とコメントした。
(2020年8月1日 10:49 琉球新報)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます