報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

女子中高生にわいせつ行為の元コーチに実刑 那覇地裁判決「監督の立場を悪用」

 沖縄県内のスポーツクラブ所属の女子中高生にマッサージを装いわいせつ行為をしたとして、準強制わいせつの罪に問われた元コーチの20代の男の判決公判が28日、那覇地裁であり、佐々木公裁判長は懲役4年6月(求刑7年)の有罪判決を言い渡した。弁護側は控訴する考えを示した。
 これまでの公判で被告は「わいせつ行為はしていない」などと無罪を主張しており、被害者4人の証言の信用性が争点となった。
 佐々木裁判長は13〜15歳の被害者4人の証言に不自然、不合理な点は見当たらないとし、わいせつ行為の事実を認定。「監督という立場を悪用し、わいせつ性の高い行為を繰り返している。犯行は悪質」とした。
 判決文によると被告の男は2017年6月〜18年1月の約7カ月間、あずまやや車内、ホテルの室内でスポーツクラブ所属の女子中高生4人に対し、マッサージを装いわいせつな行為をした。
(2019年6月29日 05:00 沖縄タイムス)

教え子の女子中高生4人にわいせつ行為のスポーツ指導者に実刑

 県内のスポーツクラブに所属する当時13〜15歳の少女4人にマッサージを装ってわいせつな行為をしたとして準強制わいせつの罪に問われた同クラブの指導者の男に、那覇地裁の佐々木公裁判長は28日、懲役4年6月(求刑7年)の判決を言い渡した。佐々木裁判長は「男はチームの監督という立場を悪用し、わいせつ性の高い行為を繰り返した。犯情は悪質で刑事責任は重い」と判断した。
 裁判では被害者の供述の信用性が争点となった。弁護側は供述の変遷や記憶の曖昧さを指摘したが、佐々木裁判長は供述は具体的かつ迫真的なもので、内容に不自然・不合理な点はないとして信用性を認めた。
 弁護側によると、指導者の男は速やかに控訴する方針だという。
(2019年6月29日 10:02 琉球新報)

その後

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます