報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

高樹沙耶被告に有罪=自宅での大麻所持−那覇地裁
 沖縄県石垣市の自宅で大麻を所持したとして、大麻取締法罪に問われた元女優の高樹沙耶(本名・益戸育江)被告(53)の判決が27日、那覇地裁であり、潮海二郎裁判長は懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役1年)を言い渡した。
 判決後、取材に応じた高樹被告は控訴しない意向を表明した。
 判決で潮海裁判長は、高樹被告が2013年ごろ、同居人の会社役員森山繁成被告(58)=同罪で起訴、公判中=の求めに応じて、自宅へ大麻の持ち込みを許可したと指摘。大麻は森山被告の所有物だったとの弁護側主張を、「自宅の大麻を管理し得る状況だったことは明らかで、共同所持が認められる」と退けた。
 その上で、「複数回、大麻を使用したと述べた被告の責任を軽く見ることはできない」と批判した。
 判決によると、高樹被告は森山被告と共謀し、昨年10月25日、石垣市の自宅で乾燥大麻計約55グラムを所持した。
(2017/04/27-15:50 時事ドットコム)

高樹沙耶被告に猶予付き判決 那覇地裁、大麻所持の罪
 沖縄県石垣市の自宅で乾燥大麻を持っていたとして大麻取締法違反(所持)の罪に問われた元俳優の高樹沙耶(本名・益戸育江)被告(53)に対し、那覇地裁は27日、懲役1年執行猶予3年(求刑懲役1年)を言い渡した。
 判決によると、高樹被告は、同居していた会社役員森山繁成被告(58)=同罪で公判中=らと共謀し、石垣市の自宅で乾燥大麻約55グラムを所持した。
 潮海(しおみ)二郎裁判長は、高樹被告が2013年から森山被告と大麻を一緒に多数回使用したと話していることから「責任を軽く見ることはできない」と述べた。
 高樹被告は判決後、報道陣の取材に「お騒がせしたことをおわびしたい」と話した。控訴はせず、昨年出馬した参議院選挙などで主張していた医療用大麻の合法化運動については「一線からひく」という。一方、涙声で「大麻女優と呼ばれたが、ふざけた気持ちで大麻に向き合ってきたわけではない。医療で困っている人のために使うことができたらという思いで頑張ってきた」とも話した。(小山謙太郎)
(2017年4月27日17時48分 朝日新聞)

高樹沙耶被告に有罪判決「大麻女優と言われ困難な道を歩んだ」
 沖縄県石垣市の自宅に大麻を隠し持っていたとして大麻取締法違反(所持)の罪に問われた元女優・高樹沙耶被告(53=本名・益戸育江)の判決公判が27日、那覇地裁(潮海二郎裁判長)で開かれ、高樹被告に懲役1年執行猶予3年(求刑懲役1年)が言い渡された。
 高樹被告は共同生活していた大麻研究家の森山繁成被告(58)らと共謀し石垣市内の自宅で大麻約55グラムを所持した疑いで昨年10月25日に逮捕されたが「大麻は森山被告が管理していたもの」として一貫して起訴事実を否認していた。
 潮海裁判長は「所持していた大麻草の量も少なくなく、大麻を入手したのは森山被告だが、自宅への持ち込みや保管を許可し、果たした役割は少なくない。また使用も多数回あり大麻への親和性も認められる。だが同種の前科もなく謝罪していることから社会での更生の機会を与える」とした。
 37席の傍聴席をめぐって163人の傍聴希望者が県内外から詰め駆けた元女優の注目裁判。背筋を伸ばし、手を組んで判決を聞きいっていた高樹被告は有罪判決にも落胆した様子はなく、閉廷するとさっぱりした表情で深々と一礼した。
 判決後、地裁前で報道陣に対応した被告は「逮捕されて大麻女優などと言われて困難な道を歩んできた。逮捕ですべてを失うことになったが、決してふざけた気持ちで大麻草に向き合ってきたわけでなく、医療で困っている人たちのために訴えてきた。そこだけは信じてほしい」と声を詰まらせた。
 今後の大麻とのかかわりを問われると「もう私は一線を退かせていただく」としたが、どのようなスタンスになるかは明言しなかった。また、「現行法がある」として控訴しない意思も明らかにした。
(2017年04月27日 15時54分 東スポweb)

高樹沙耶被告に執行猶予付きの有罪判決 那覇地裁
沖縄県の石垣島の自宅で大麻を所持していた罪に問われた、元女優の高樹沙耶被告に、那覇地方裁判所は「同居していた男と共同で所持していた」として、執行猶予の付いた懲役1年の判決を言い渡しました。
元女優の高樹沙耶、本名、益戸育江被告(53)は、沖縄県の石垣島の自宅で、大麻を含む植物片およそ55グラムを所持していたとして、同居していた男2人とともに、大麻取締法違反の罪に問われました。
裁判で、高樹被告は「大麻は同居人のもので、自分のものではない」などと無罪を主張していました。
27日の判決で、那覇地方裁判所の潮海二郎裁判長は「被告は同居する男から大麻の持ち込みや使用の許可を求められ、認めていたことから、共同で所持していたと認められる」と指摘しました。
そのうえで、「被告は、大麻の持ち込みを許可した平成25年以降、大麻を使用したことが多数回あると述べていて、責任を軽く見ることはできないが、謝罪の言葉を述べている」として、懲役1年、執行猶予3年を言い渡しました。
判決のあと、高樹被告は報道陣に、控訴しない考えを明らかにし、「大麻女優などといろいろ言われ、非常に困難な道を歩んできました。病に苦しむ人たちのために大麻を使えないかと頑張ってみましたが、結論はご存じのとおりで、すべてを失うことになってしまいました。お騒がせしたことをおわびします」と述べました。
(4月27日 16時21分 NHK)

戻る

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます