報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

道の駅建設巡り、370万円支払い命令 前葛城市長らに 地裁判決 /奈良

 葛城市の「道の駅かつらぎ」建設事業を巡り、架空の工事に公金を支出したことは違法だとして、市が山下和弥前市長や生野吉秀元副市長らを相手取り、損害賠償を求めた訴訟の判決が23日、奈良地裁(島岡大雄裁判長)であった。島岡裁判長は原告の主張を認め、被告らに原告の請求通り計370万4400円の支払いを命じた。
 判決によると、前市長らは、道の駅建設予定地にあった障害者施設の移転を円滑に進めるため、移転先の私有地内の舗装工事を、市の道路改良工事名目で行い、公金を支出したとされる。
 島岡裁判長は判決で「私有地における工事を地方公共団体が私人に代わって発注し、その費用を公金から支出することを許容する法令上の規定は見当たらない」として、工事の違法性を指摘。また、山下前市長が「施設側との合意内容を了承していた」として、違法支出への関与を認定した。
 判決を受け、同市の阿古和彦市長は「市の主張が認められたものと考えています」とのコメントを発表した。【小宅洋介】
(2020年6月24日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます