報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

田原本 補助金汚職事件 社会福祉法人元理事長に有罪判決

 田原本町の保育事業をめぐる汚職事件の裁判で、奈良地裁葛城支部はきょう、贈賄の罪などに問われた社会福祉法人の元理事長に、懲役2年6カ月、執行猶予4年の有罪判決を言い渡しました。
 判決を受けたのは、田原本町などで保育所を運営する「愛和会」の元理事長・森和俊被告71歳です。起訴状によりますと、森被告は町からの補助金増額に関する便宜を図ってもらおうと2015年、当時の副町長に貸していた120万円のうち42万円の返済を免除したなどとされています。
 裁判で弁護側は、債務の返済免除と補助金事業との関連はないと主張していました。これに対し、きょうの公判で奈良地裁葛城支部の奥田哲也裁判官は「予算編成を指揮監督する副町長への債務免除は便宜の取り計らいに対する謝礼などの趣旨でなされたとみるほかない」と森被告の行為を贈賄と認定しました。一方、一定の社会的制裁を受けていることなどを理由に、森被告に対し執行猶予4年のついた懲役2年6カ月の有罪判決を言い渡しました。
 なお、一連の事件では収賄の罪に問われた石本孝男・前副町長に対する裁判で有罪判決が確定しています。
(7/23(月) 20:04 奈良テレビ)

田原本町贈収賄 社福法人元理事長に有罪 補助金巡り贈賄 地裁支部判決 /奈良

 田原本町の保育所への補助金交付を巡る汚職事件で、贈賄罪などに問われた社会福祉法人「愛和会」の元理事長森和俊被告(71)に、奈良地裁葛城支部(奥田哲也裁判官)は23日、懲役2年6月、執行猶予4年(求刑懲役2年6月)の判決を言い渡した。
(2018年7月24日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます