報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

保釈後一時不明 被告に有罪判決 地裁 /徳島

 窃盗や建造物侵入の罪などで起訴され、保釈後に行方不明となった松茂町の会社員、森本悠斗被告(21)に徳島地裁は4日、懲役2年、保護観察付き執行猶予4年(求刑・懲役2年6月)の判決を言い渡した。
 判決は当初9月3日だったが森本被告は出廷せず、8月の盆明けから行方が分からなくなっていたことが判明。徳島地検の請求で保釈が取り消され、9月12日に松茂町内で身柄を確保された。佐藤洋介裁判官は「判決に出廷しなかったことは心証が悪いが、反省の意を示し、保釈金の没収という制裁も受けている」と述べた。
 判決によると、昨年4月、小松島市の寺に金品を盗む目的で侵入。また昨年1〜2月、高松市の空き家に侵入し、スナック菓子2点(時価約200円相当)を盗むなどした。
(2019年10月5日 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます