報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

女子高生ら16人死傷、元トラック運転手に実刑

 徳島県鳴門市の徳島自動車道で昨年8月、大型トラックがマイクロバスに追突し、女子高校生ら2人が死亡するなどした事故で、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死傷)に問われた松山市の元トラック運転手菊池誉司(たかし)被告(50)に対し、徳島地裁は24日、禁錮4年(求刑・禁錮7年)の実刑判決を言い渡した。
 坂本好司裁判長は「眠気を感じたまま運転を続けたことは強い非難に値する」と述べた。
 判決では、菊池被告は昨年8月25日夕、トラックを時速約90キロで運転中、居眠り状態に陥り、路肩に停車していたバスに追突。車外にいたバス運転手の岡本勉さん(当時30歳)と、乗っていた徳島県立富岡西高1年森下汐音(しおん)さん(同15歳)を死亡させたほか、乗客14人に重軽傷を負わせた。
(1/24(水) 15:54 読売新聞)

<徳島道事故>16人死傷、元トラック運転手に禁錮4年

 徳島県鳴門市の徳島自動車道で昨年8月、大型トラックが停車中のマイクロバスに追突し、16人が死傷した事故で自動車運転処罰法違反(過失致死傷)罪に問われた松山市の元トラック運転手、菊池誉司被告(50)に対し、徳島地裁は24日、禁錮4年(求刑・禁錮7年)の実刑判決を言い渡した。
 坂本好司裁判長は「強い眠気を感じたまま運転を続け、路肩にはみ出したのは著しく危険。結果は重大で遺族の無念さは察するに余りある」と指摘。一方で「一部で示談が成立し、反省の態度を示している」と述べた。
 判決によると、菊池被告は昨年8月25日午後5時ごろ、徳島道を大型トラックで走行中に居眠り状態に陥り、路肩に停車していたマイクロバスに追突。乗客の県立富岡西高1年、森下汐音さん(当時15歳)=同県海陽町=と、車外にいたバス運転手の岡本勉さん(当時30歳)=同県阿波市=を死亡させたほか、14人に重軽傷を負わせた。【大坂和也】
(1/24(水) 17:36 毎日新聞)

元トラック運転手に禁錮4年=女子高生ら死亡のバス追突―徳島地裁

 徳島県鳴門市の徳島自動車道で昨年8月、トラックを居眠り運転して路肩に停車していたマイクロバスに追突させ、バスに乗っていた女子高校生ら16人を死傷させたとして、自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)罪に問われた元トラック運転手、菊池誉司被告(50)の判決が24日、徳島地裁であった。
 坂本好司裁判長は禁錮4年(求刑禁錮7年)を言い渡した。
 被告側は起訴内容を認めていた。判決で坂本裁判長は、強い眠気を自覚後、休憩を取る場所があったのに運転を続けたと被告を非難した。
(1/24(水) 17:16 時事通信)

PDF
平成29(わ)251  過失運転致死傷被告事件
徳島地方裁判所刑事部
裁判長裁判官 坂本好司
裁判官 佐藤洋介
裁判官 平山裕也

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます