報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

不倫相手殺害で懲役15年 27歳男に東京地裁立川支部
 昨年7月に東京都立川市のマンションで不倫相手の女性=当時(26)=を殺害したとして、殺人罪に問われた大井裕紀被告(27)=昭島市=の裁判員裁判で、東京地裁立川支部は30日、懲役15年(求刑懲役18年)の判決を言い渡した。
 川本清巌裁判長は判決理由で、暴力が原因で女性に避けられていたことや、女性から当時の妻に関係を暴露されたことなどに触れ、男女関係のもつれが犯行の動機とみられると指摘。電気コードで首を強く絞めており「強固な殺意に基づく無慈悲な犯行」と述べた。
(2017年5月30日 20時27分 東京新聞)

27歳男に懲役15年=交際の女性殺害−東京地裁支部
 交際相手の女性を殺害したとして、殺人罪に問われた大井裕紀被告(27)の裁判員裁判の判決が30日、東京地裁立川支部であった。川本清巌裁判長は「強固な殺意に基づく無慈悲な犯行」と述べ、懲役15年(求刑懲役18年)を言い渡した。
 弁護側は「被害者には抵抗した痕跡がなく、殺害に同意していた」などと主張。刑の軽減を求めたが、川本裁判長は「被告が不意を突いて、抵抗を受けずに殺害することは可能」として退けた。
 判決によると、大井被告は昨年7月7日、東京都立川市のマンションで住人の浅井真弓子さん=当時(26)=の首を電気コードで絞め殺害した。
(2017/05/30-19:36 時事ドットコム)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます