報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

LINEに1400万円賠償命令 「ふるふる」特許侵害認定―東京地裁

 アプリケーションソフトの研究・開発などを手掛ける「フューチャーアイ」(京都市)が、通信アプリ大手「LINE」(東京都)に特許権を侵害されたとして、3億円の支払いを求めた訴訟の判決が19日、東京地裁であった。佐藤達文裁判長は、LINEアプリで通信相手を追加する際の「ふるふる」という機能について特許侵害を認め、約1400万円の賠償を命じた。
 「ふるふる」は、近距離にある複数のスマートフォンを振ることで、相互に「友だち」が追加できる機能。LINEは昨年5月にサービスを終了している。
 佐藤裁判長は、フューチャー社の塚本豊社長が発明したコンピューターシステムやプログラムは、位置情報を使い、個人情報を知らせ合うことなく利用者が交流できる点に特徴があると指摘。「ふるふる」のシステムにも発明が使われており、特許権を侵害すると認定した。
 判決後に記者会見した塚本社長は、訴訟外で既に和解が成立したと明らかにした上で、賠償額が少なかったことに不満を表明。「技術開発のインセンティブがなくなる」と訴えた。LINEは「本件は既に平和的に解決している」などとコメントした。
(2021年05月19日19時18分 時事ドットコム)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます