報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

大嘗祭国費支出は「適法」 差し戻し審、請求棄却

 皇位継承に伴う「即位の礼」や「大嘗祭」への国費支出は憲法が定める政教分離の原則に反するとして、宗教関係者らが支出しないよう求めた訴訟の差し戻し審判決で、東京地裁は24日、支出は適法として、請求を棄却した。
 鈴木昭洋裁判長は、儀式について「個々の国民に向けた行為とは言えず、信仰に対して直接圧迫や干渉を加えていない」と指摘。その上で「信教の自由などの人格権が侵害される差し迫った危険は認められない」と判断した。
 令和元年6月の東京地裁判決は、原告側が主張する「納税者基本権」に基づく請求を「法律の規定がない」として却下し、人格権に基づく請求に対する判断をしなかった。同12月の東京高裁判決が法令手続きの違反を理由に、審理を差し戻していた。
(2021.3.24 16:22 産経新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます