報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

ソフトバンク元社員に有罪判決

 通信大手、ソフトバンクの元社員が機密情報を不正に引き出した罪に問われた裁判で、東京地方裁判所は「外国人の知人からの依頼に応えて報酬を得ようとした」として懲役2年、執行猶予4年を言い渡しました。
 ソフトバンクの元統括部長、荒木豊被告(48)は、去年2月と3月、会社のサーバーから通信設備に関する機密情報を不正に取得したとして、不正競争防止法違反の罪に問われました。
 裁判で被告は起訴された内容を認めたうえで「ロシア人と仲良くなり、役に立ちたいと思うようになった」と述べ、検察は懲役2年、罰金100万円を求刑していました。
 9日の判決で、東京地方裁判所の赤松亨太裁判官は、「外国人の知人からの依頼に応えて報酬を得ようとし、1回当たり20万円の報酬を得ていた。経緯や動機に酌むべき事情はなく、刑事責任を軽くみることはできない」と指摘し、懲役2年、執行猶予4年、罰金80万円を言い渡しました。
 この事件では、被告をそそのかしたとして、ロシアに帰国した在日ロシア通商代表部のアントン・カリニン元代表代理が書類送検され、今月2日に起訴猶予になっています。
(07月09日 12時07分 NHK)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます