報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

元請け現場代理人に有罪 歩行者死亡のパイプ落下―東京地裁

 東京都港区で2016年、工事中のマンションから鉄パイプが落下し、直撃した歩行中の男性が死亡した事故で、業務上過失致死罪に問われた元請け会社「アール・エヌ・ゴトー」(川崎市)の社員で現場代理人だった田代泰司被告(55)の判決が3日、東京地裁であった。西野吾一裁判長は「甚だしく危険な状況を放置した過失は大きい」と述べ、禁錮1年4月、執行猶予4年(求刑禁錮1年6月)を言い渡した。
 西野裁判長は、作業責任者が足場の確認を怠り、被告は安全対策を講じなかったと指摘。「建物は繁華街の歩道に面し、防護柵がないままの作業がいかに危険かは容易に想像がつく。被告は作業責任者らに対策を指揮すべきだった」と非難した。
 判決によると、田代被告は16年10月14日午前、歩行者を通行止めにするなどの対策を怠ったまま足場を解体。鉄パイプ(約1.9キロ)を高さ約24メートルから落下させ、歩道を歩いていた飯村一彦さん=当時(77)=の側頭部に直撃させて死亡させた。
(2020年03月03日18時03分 時事ドットコム)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます