報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

塩野義製薬への課税処分取り消し 東京地裁判決

 組織再編税制を巡り、大阪国税局から約400億円の申告漏れを指摘された塩野義製薬が課税処分の取り消しなどを求めた訴訟の判決が11日、東京地裁であった。古田孝夫裁判長は同社の請求を認め、法人税や過少申告加算税など計約80億円の課税処分を取り消した。
 塩野義は医薬品開発のため、組合を設けて海外企業と共同事業体(JV)を設立。組合の持ち分を英子会社に現物出資したが、国税局はこれに絡み、約400億円の申告漏れを指摘した。
 法人税法は企業の組織再編について特別な課税ルールを設けており、海外同士の資産移転など一定の条件を満たせば、課税を繰り延べられる。塩野義は組合の資産は国内でなく米国で管理されていたなどとして、現物出資にはこの規定が適用されると主張していた。
 古田裁判長は判決で、組合の資産のうち現金は米国の預金口座に入金され、会計処理や税務申告も米国の事業所で行われていたと指摘。「組合の主要な資産は国外で管理されており、国税局の処分は違法だ」と結論づけた。
 塩野義は「当社の主張を実質的に全面的に認めた判決だ」とコメント。大阪国税局は「控訴するかについては、判決内容を詳細に検討し、関係当局と協議の上で決定したい」としている。
(2020/3/11 17:07 日経新聞)

塩野義製薬への80億円余の課税処分 取り消す判決 東京地裁

 大手製薬会社の塩野義製薬がエイズウイルスの治療薬の販売権を海外の企業に譲渡した際に得た利益をめぐり、大阪国税局から追徴課税されたのは不当だと訴えた裁判で、東京地方裁判所は訴えを認め、80億円余りの課税処分を取り消す判決を言い渡しました。
 塩野義製薬は、エイズウイルスの治療薬を共同で開発したイギリスの製薬会社に販売権などを譲渡した取り引きで得た利益に関して、平成26年に大阪国税局からおよそ400億円の申告漏れがあったと指摘され、追徴課税を受けました。
 これについて塩野義製薬は、共同事業を行う海外の企業との取り引きについて非課税になる特例があり、課税処分は不当だとして、取り消しを求めました。
 11日の判決で東京地方裁判所の古田孝夫裁判長は、今回の譲渡は非課税の特例の対象と判断し、訴えを認め法人税など80億円余りの課税処分を取り消しました。
 大阪国税局「控訴は判決内容検討し判断」
 大阪国税局は、「控訴については判決内容を検討し、関係当局と協議のうえで決定したい」としています。
 塩野義製薬「当社の主張を全面的に認めた判決」
 塩野義製薬は「当社の主張を全面的に認めた判決が出され、正当な判断をいただいた裁判所に対して、敬意を表したい」というコメントを出しました。
(2020年3月11日 16時30分 NHK)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます