報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

ミャンマー少数民族の女性を難民認定 東京地裁

 難民認定申請が認められず、強制退去処分を受けたミャンマー北部の少数民族「カチン族」の女性(46)が、国に不認定処分の取り消しなどを求めた訴訟の判決が10日、東京地裁であった。清水知恵子裁判長は「帰国すれば迫害される恐れがあり、難民に該当する」として女性の請求を認めた。
 女性は平成12年に来日し、ミャンマーの内戦で親を亡くした孤児らへの経済的支援活動や、民主化を求める反政府デモに参加するなどした。女性は判決後、東京都内で会見し「難民認定申請を3回していずれも却下されたが、裁判官にカチンの状況を理解してもらい、難民として認めてもらい感謝している」と話した。
(2020.3.10 18:40 産経新聞)

少数民族女性に迫害の恐れ 難民認定命じる、東京地裁

 ミャンマー国籍で少数民族カチンの女性(46)=東京都=が難民認定を求めた訴訟の判決で、東京地裁は10日、「帰国すれば軍や関係者から拷問や虐待などの迫害を受ける恐れがある」として認定を国に命じた。
 判決によると、女性は留学のため2000年に来日した後、カチンの地位向上を求めるグループのメンバーとして反政府デモに参加。難民認定申請を3回したが、いずれも不認定処分だった。
 判決理由で清水知恵子裁判長は、ミャンマーで軍事政権の関係者から暴行を受けた兄が「妹が帰国すれば、遺体すら見ることはできないと言われた」との手紙を残していたことから「女性の活動は軍事政権にも認識されていた」と指摘した。
 判決後に記者会見した女性は「苦しんでいるカチンは大勢いるが、難民認定されない実情を知ってもらいたい」と訴えた。出入国在留管理庁は「判決内容を十分に精査し、適切に対応したい」としている。〔共同〕
(2020/3/11 9:23 日経新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます