報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

検察の証拠不開示「違法」 布川事件、国などに賠償命令

 1967年に茨城県利根町で男性が殺害された「布川事件」で服役し、再審無罪が確定した桜井昌司さん(72)が国と同県に計約1億9千万円の賠償を求めた訴訟で、東京地裁(市原義孝裁判長)は27日、国と県に約7600万円の支払いを命じた。検察官による証拠の不開示を違法と認定し、警察官による公判での偽証があったことなども認めた。
 判決で市原裁判長は「(国や県の)違法行為がなければ遅くとも控訴審判決で強盗殺人罪の無罪判決が出て、釈放されていた可能性が高い」と指摘し、国と県の賠償責任を認定した。
 水戸地検がアリバイなどを巡る検察側に不利な証拠に関し「関連性、必要性が薄い」などと主張して証拠開示を拒絶したことについて「開示しない合理的な理由はない」とし、検察官による証拠の不開示は違法とした。
 警察官が公判で取り調べ録音テープは1本だけだと話した点も、裁判所の判断に影響を与える虚偽の発言で違法だと判断した。
 判決は茨城県警の警察官が桜井さんに対し、桜井さんの母が「早く自白するよう言っている」と伝え、兄がアリバイを否定する供述をしたと言って自白を迫ったことについても「虚偽の事実を述べたというほかない」として違法と認定した。
 桜井さんは78年に最高裁で無期懲役刑が確定し、96年に仮釈放となった。その後再審開始が認められ、2011年に再審無罪が確定した。
 民法は違法行為から20年経過すると損害賠償請求権が消滅する「除斥期間」を定めている。市原裁判長は警察などの違法行為によって有罪判決が出た場合、再審無罪の確定時点から除斥期間が始まるとの判断を示した。
 その上で身柄拘束中の逸失利益や慰謝料だけでなく、仮釈放後も有罪判決によって就労する機会を制限されたことなどについても国や県に賠償する義務があると認定した。支払い済みの刑事補償法に基づく補償金約1億3千万円の一部を差し引くなどし、約7600万円の支払いを命じた。
 桜井さんは国や県が捜査段階で虚偽自白を強要したり、公判で一部証拠を開示しなかったりしたことで、裁判所に誤った判決を出させたとして、2012年11月に地裁に提訴していた。
 桜井さんは判決後、「勝つ確信は揺るぎなかった。踏み込んだ認定をした裁判所に感謝したい」と力強く語った。
 水戸地検の横井朗次席検事は「判決内容を精査し、関係機関や上級庁と協議して対応を検討したい」とコメントした。
(2019/5/27 21:25 日経新聞)

PDF

平成24(ワ)31999  損害賠償請求事件
令和元年5月27日  東京地方裁判所
令和元年月27日判決言渡同日原本領収裁判所書記官
平成24年(ワ)第31999号損害賠償請求事件
口頭弁論終結日平成30年9月19日
判決
主文
1被告らは,原告に対し,連帯して7600万877円及びうち921万
93円に対する平成23年6月8日から,うち664万円に対する平成24年
4月27日から,うち37万000円に対する同年7月日から,うち66
2万円に対する同年11月28日から各支払済みまで年分の割合による金員を
支払え。
2原告のその余の請求をいずれも棄却する。
3訴訟費用は,これを0分し,その39を原告の負担とし,その余を被告らの
負担とする。
事実及び理由
(目次)
第1請求・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・8頁
第2事案の概要・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・8頁
1争いのない事実等・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・8頁
⑴当事者・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・8頁
⑵強盗殺人事件の発生・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・9頁
⑶被害者方,被害者の死体の状況等・・・・・・・・・・・・・・・・・9頁
⑷司法解剖の結果・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・9頁
⑸本件強盗殺人事件についての捜査の開始及び原告からの聴き取り・・頁
⑹別件窃盗事件による逮捕・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・11頁
⑺窃盗の余罪事件についての自白・・・・・・・・・・・・・・・・・11頁
⑻原告の別件窃盗事件についての勾留・・・・・・・・・・・・・・・12頁
⑼原告に対する取調べ等・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・12頁
⑽AAの逮捕及び勾留・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・14頁
⑾本件強盗殺人事件での逮捕及び勾留・・・・・・・・・・・・・・・16頁
⑿本件強盗殺人事件についての処分保留・・・・・・・・・・・・・・16頁
⒀原告による再度の自白・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・17頁
⒁AAの処分保留・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・18頁
⒂AAによる再度の自白・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・19頁
⒃被害者方の遺留指掌紋及び毛髪・・・・・・・・・・・・・・・・・頁
⒄目撃供述等・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・頁
⒅本件強盗殺人事件についての起訴及び勾留質問・・・・・・・・・・28頁
⒆本件起訴後に得られたACの供述・・・・・・・・・・・・・・・・28頁
⒇確定審第一審の公判及び判決・・・・・・・・・・・・・・・・・・29頁
確定審第二審の公判及び判決・・・・・・・・・・・・・・・・・・33頁
確定審上告審の決定・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・34頁
第一次再審請求審・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・34頁
原告の仮釈放・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・34頁
第二次再審請求審及び再審公判の概略・・・・・・・・・・・・・・34頁
刑事補償金等の支払・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3頁
2争点・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・36頁
3当事者の主張の要旨・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・36頁
第3当裁判所の判断・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・37頁
1争点1((矛鐇狹雹件逮捕及び別件窃盗事件勾留が令状主義を潜脱するもの
として違法であり,これらを利用した取調べが違法であるか否か,∨楫鐶疂甬
び本件勾留が違法であるか否か)について・・・・・・・・・・・・・・37頁
⑴認定事実・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・37頁
⑵原告の身柄拘束の違法性の有無について・・・・・・・・・・・・・4頁
⑶AAの身柄拘束の違法性の有無について・・・・・・・・・・・・・1頁
2争点2(警察官による取調べに違法があるか否か)について・・・・・頁
⑴判断枠組み・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・頁
⑵警察官による原告の取調べについての原告の主張の概要・・・・・・6頁
⑶原告に対する取調べについて・・・・・・・・・・・・・・・・・・68頁
⑷まとめ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・84頁
3争点3(検察官による取調べに違法があるか否か)について・・・・・84頁
⑴原告に対する取調べについて・・・・・・・・・・・・・・・・・・84頁
⑵AAに対する取調べについて・・・・・・・・・・・・・・・・・・89頁
⑶目撃者に対する聴取・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・90頁
4争点4(代用監獄への移監〔逆送〕に係る検察官の同意請求が違法であるか)
について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・91頁
争点(証拠の改ざん等に係る違法があったか否か)について・・・・91頁
⑴9.捜報について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・91頁
⑵.捜報について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・94頁
⑶8.30捜報について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・96頁
⑷.22捜報及びAGの.22員面について・・・・・・・0頁
⑸まとめ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1頁
6争点6(検察官による本件起訴に違法があるか否か)について・・・1頁
⑴判断枠組み・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1頁
⑵関係者の供述等について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2頁
⑶まとめ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・113頁
7争点7(確定審の公判における警察官及び検察官の活動に違法があるか否か)
について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・114頁
⑴警察官の活動について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・114頁
⑵検察官の活動について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1頁
⑶まとめ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1頁
8争点8(再審請求審及び再審の公判における検察官の活動に違法があるか)に
ついて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・121頁
9争点9(原告に生じた損害の有無及び金額)について・・・・・・・121頁
⑴身柄拘束期間中の損害について・・・・・・・・・・・・・・・・121頁
⑵仮釈放後の損害について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・126頁
⑶まとめ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・131頁
争点(除斥期間が経過したか否か)について・・・・・・・・131頁
第4結論・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・132頁
(略語)
本判決における略語例は,本文中に記載のあるもののほか,以下のとおりとする。
1官署の表示
⑴最高裁判所につき,「最高裁」という。
⑵東京高等裁判所につき,「東京高裁」という。
⑶水戸地方裁判所土浦支部につき,「水戸地裁土浦支部」という。
⑷水戸少年刑務所土浦拘置支所につき,「土浦拘置支所」という。
⑸被告茨城県につき,「被告県」という。
⑹茨城県警察本部につき,「茨城県警」という。
⑺茨城県土浦警察署につき,「土浦署」という。
⑻茨城県取手警察署につき,「取手署」という。
⑼茨城県水海道警察署につき,「水海道署」という。
⑽茨城県竜ヶ崎警察署につき,「竜ヶ崎署」という。
2関係者の表示
AAにつき,「AA」という。
ABにつき,「被害者」という。
ACにつき,「AC」という。
⑷ADにつき,「AD」という。
⑸AEにつき,「AE」という。
⑹AFにつき,「AF」という。
⑺AGにつき,「AG」という。
⑻AHにつき,「AH」という。
⑼AIにつき,「AI」という。
⑽AJにつき,「AJ」という。
⑾AKにつき,「AK」という。
⑿ALにつき,「AL」という。
⒀AMにつき,「AM」という。
⒁ANにつき,「AN」という。
⒂AOにつき,「AO」という。
⒃APにつき,「AP」という。
⒄AQ検察官につき,「AQ検察官」という。
⒅AR検察官につき,「AR検察官」という。
⒆AS検察官につき,「AS検察官」という。
⒇当時の取手署の署長ATにつき,「AT署長」という。
AU警察官につき,「AU警察官」という。
AV警察官につき,「AV警察官」という。
AW警察官につき,「AW警察官」という。
AX警察官につき,「AX警察官」という。
AY警察官につき,「AY警察官」という。
3場所の表示
茨城県北相馬郡c町de番地所在のAB方につき,「被害者
方」又は「本件犯行現場」という。
⑵布佐駅から本件犯行現場までの間の利根川に架かる栄橋につき,「栄橋」と
いう。
⑶ALの昭和42年8月28日当時の勤務先のバー「ジュン」につき,「ジュ
ン」という。
4事件等の表示
⑴ABを被害者とする強盗殺人事件につき「本件強盗殺人事件」といい,
本件強盗殺人事件に係る逮捕,勾留につき,それぞれ「本件逮捕」,「本件勾
留」という。
⑵原告が昭和42年月日に通常逮捕された窃盗事件(同年9月3日に
千葉県内の商店でズボン1着及びワニ皮バンド1本を窃取した事件)につき「別
件窃盗事件」といい,別件窃盗事件に係る逮捕,勾留につき,それぞれ「別件
窃盗事件逮捕」,「別件窃盗事件勾留」という。
⑶AAが同年月16日に通常逮捕された暴力行為等処罰ニ関スル法律違反
等事件(同年8月29日にBC及びBDと共同して茨城県内の路上でB
Eに暴行を加えた事件)につき「別件暴力行為等事件」といい,別件暴力
行為等事件に係る逮捕,勾留につき,それぞれ「別件暴力行為等逮捕」,「別
件暴力行為等勾留」という。
証拠等の表示
⑴検察官面前調書につき,「検面調書」又は単に「供述調書」という。
⑵司法警察員面前調書につき,「員面調書」又は単に「供述調書」という。
⑶月日に原告に対して行われた本件強盗殺人事件の犯行状況等に関す
る質問を用いたポリグラフ検査につき,「本件ポリグラフ検査」という。
⑷月17日の警察官による原告の取調状況を録音したテープにつき,「1
0.17原告録音テープ」という。
⑸11月2日の警察官による原告の取調状況を録音したテープにつき,「11.
2原告録音テープ」という。
⑹11月3日の警察官によるAAの取調状況を録音したテープにつき,「11.
3AA録音テープ」という。
⑺ACに対して聴き取り捜査をした結果が記載された9月日付け捜査報告
書(乙03)につき,「9.捜報」という。
⑻原告が初めて本件犯行を自白した際の取調べの経緯及び内容が記載された1
0月日付け捜査報告書(乙66)につき,「.捜報」という。
⑼AEに対して聴き取り捜査をした結果が記載された8月30日付け捜査報
告書(乙44)につき,「8.30捜報」という。
⑽AGに対して聴き取り捜査をした結果が記載された月22日付け捜査報
告書(乙28)につき,「.22捜報」という。
⑾AGに係る月22日付け員面調書(乙29)につき,「AGの.
22員面」という。
6刑事公判等の表示
⑴本件強盗殺人事件に係る原告らの起訴につき,「本件起訴」という。
⑵昭和43年2月日から開始された原告らの刑事公判につき「確定審」と
いい,確定審のうち各審級に係る刑事公判をその審級に応じ,それぞれ「確定
審第一審」,「確定審第二審」,「確定審上告審」といい,そこでの判決等を
それぞれ「確定審第一審判決」,「確定審第二審判決」,「確定審上告審決定」
という。
⑶原告らによる昭和8年12月23日の再審請求に基づき開始された再審請
求審につき,「第一次再審請求審」という。
⑷原告らによる平成13年12月6日の再審請求に基づき開始された再審請求
審につき,「第二次再審請求審」という。
⑸原告らに関する再審裁判につき,「再審」といい,そこでの判決を「再審判
決」という。
7出来事の表示
⑴本件強盗殺人事件の犯行につき,「本件犯行」という。
⑵栄橋の布佐駅側たもとにある石段付近でAG,AH及びAFらが怒声をあげ
た原告を目撃したとされる出来事につき,「石段の一件」という。
第1請求
被告らは,原告に対し,連帯して3億4178万9618円及び2億9637
万004円に対する平成28年4月日から支払済みまで年分の割合によ
る金員を支払え。
第2事案の概要
本件は,茨城県内において昭和42年8月に発生した本件強盗殺人事件(いわ
ゆる布川事件)について,逮捕及び勾留

その後

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます