報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

元TBS記者に賠償命令 「合意ないまま性行為」 東京地裁

 ジャーナリストの伊藤詩織さん(30)が、元TBS記者の山口敬之氏(53)にホテルで乱暴され精神的苦痛を負ったとして、1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が18日、東京地裁であった。鈴木昭洋裁判長は「酩酊(めいてい)状態で意識のない伊藤さんに合意のないまま性行為に及んだ」として山口氏に330万円の支払いを命じた。
 鈴木裁判長は、伊藤さんが性行為後に一刻も早くホテルを立ち去ろうとしたことや、数日後に友人や警察に相談したことは「性行為が意思に反したものだったことを裏付ける」と指摘。合意のない性行為で、不法行為に当たると判断した。
 伊藤さんの訴えは性暴力を告発する動き「#MeToo」運動にも大きな影響を与えた。
 山口氏は、伊藤さんが著書などで被害を公表したことで名誉を傷つけられたとして1億3千万円の賠償を求めて反訴していたが、判決は「性犯罪被害者を取り巻く法的、社会的状況の改善につながるとして公表したことが認められ、公益を図る目的だった」と指摘。山口氏の請求を棄却した。
 判決後、伊藤さんは「きちんと答えを出していただけたことに感謝している。誰もが被害者、加害者、傍観者にならないよう考えなければならない。これからも自分のできる範囲で話し続けたい」と語った。
 判決によると伊藤さんは27年4月、就職先の紹介を受けるため山口氏と会食した際に意識を失った。伊藤さんはその後、ホテルで性的暴行を受けたと主張。山口氏は合意があったと反論していた。
 山口氏は東京都内で会見し「主張が無視された。納得できないので、すぐに控訴する」と話した。
 伊藤さんは準強姦容疑で警視庁に被害届を提出したが、東京地検は嫌疑不十分で不起訴とし、検察審査会も不起訴相当と議決した。
(12/18(水) 11:06 産経新聞)

「性行為に合意なし」 伊藤詩織さん勝訴 元TBS記者に330万円賠償命令 東京地裁

 ジャーナリストの伊藤詩織さん(30)が、性的暴行を受けたとして元TBS記者の山口敬之氏(53)に1100万円の慰謝料を求めた訴訟の判決で、東京地裁(鈴木昭洋裁判長)は18日、「性行為には合意がなかった」として山口氏に330万円を支払うよう命じた。
 判決によると、伊藤さんは山口氏に就職の相談を持ちかけたことをきっかけに2015年4月、東京都内の飲食店で飲酒。その後、ホテルに入った。
 地裁は、伊藤さんが当時、強度の深酔い状態にあり、自らの意思でホテルには行っていないとした。さらに、その日のうちに産婦人科を受診し、数日後には友人や警察に相談していることを挙げ、合意のない性行為だったと認めた。
 山口氏は「同意があった」と反論したが、地裁は、伊藤さんが意識を回復した後も、山口氏が体を押さえつけて性行為を続けようとしたと指摘し、「信用性に重大な疑念がある」と退けた。
 山口氏は、伊藤さんに記者会見などで名誉を傷つけられたとして1億3000万円の賠償を求め反訴していたが、地裁は名誉毀損(きそん)には当たらないとして請求を棄却した。
 東京地検は16年7月、準強姦(ごうかん)容疑で書類送検された山口氏を容疑不十分で不起訴処分とし、検察審査会も17年9月に不起訴相当と議決している。【巽賢司】
(12/18(水) 14:26 毎日新聞)

ジャーナリスト 伊藤詩織さんが勝訴 元TBS記者に賠償命令

 ジャーナリストの伊藤詩織さんが、元TBS記者の山口敬之氏に性的暴行を受けたと訴えた裁判で、東京地方裁判所は山口氏に330万円の賠償を命じる判決を言い渡しました。
 ジャーナリストの伊藤詩織さんは4年前、元TBS記者の山口敬之氏との食事で酒に酔って意識を失い、性的暴行を受けたとして1100万円の賠償を求めました。
 伊藤さんが記者会見を開いたり、著書を出したりして被害を訴えたのに対し、山口氏は、性行為は同意していて名誉やプライバシーを傷つけられたとして、逆に1億3000万円の賠償を求めました。
 18日の判決で東京地方裁判所の鈴木昭洋裁判長は「伊藤さんは、友人や警察に被害を相談していて、性行為が意思に反して行われたことを裏付けるものといえる。一方、山口氏の供述は、当時送信したメールと内容が矛盾し、核心部分について不合理に変遷していて信用性には重大な疑いがある」と指摘して、合意が無かったと判断し、山口氏に慰謝料など330万円の賠償を命じました。
 また、山口氏の訴えについては「伊藤さんが性犯罪の被害者をめぐる状況を改善しようと被害を公表した行為には、公共性や公益目的があり、内容は真実だと認められる」として退けました。
 伊藤さんは、性的暴行を受けたとして警視庁に告訴しましたが不起訴処分になっていて、刑事手続きと民事裁判で判断が分かれました。
 伊藤さん「1つのピリオドだが傷はなくならない」
 判決のあと伊藤詩織さんは裁判所前での取材に対し、「たくさんの方に支えられて来たからこそここまで来られました。今回の判決で、1つのピリオドをつけられたと思います。しかし、勝訴したからといって私が受けた傷はなかったことにはなりません」と涙ながらに話しました。
 また、「刑事事件では不起訴となり、何が起きているのか知ることができませんでしたが、民事訴訟を起こすことで公の法廷で証拠なども出すことができ、少しでもオープンになったと思います。今でも1人で不安な思いを持ちながら性的暴行の被害と向き合っている人もいると思うので、少しでも負担がなくなるよう制度が改善すればよいです」と話しました。
 そして、東京 千代田区で改めて記者会見を開いた伊藤詩織さんは、「私は顔や名前を出して性被害を訴え続けてきたが、山口氏の名誉を傷つけたと判断される可能性もあったので、緊張しながら判決を迎えました。判決で私の行動について『公益性がある』と判断され、とても勇気づけられました」と話しました。
 また、「被害者はなかなか声を上げられないので、性暴力を許さない社会にしていくために、周りの人たちも傍観者にならないで支えてほしいです」と述べました。
 山口氏「法に触れる行為は一切していない」
 判決のあと、元TBS記者の山口敬之氏は、東京 千代田区で記者会見を開き、「まず申し上げたいのは、私は法に触れる行為は一切していないということです。判決は、私たちの主張を無視して客観的な検証もせずに伊藤さん側の主張を認めていて非常に残念です」と述べ、控訴することを明らかにしました。
 また「伊藤さんが受診した病院のカルテでは、伊藤さんは性被害の場面について記憶がないと説明しているのに、裁判では暴力を振るわれたと主張し、矛盾しています。警視庁による捜査の結果、私は不起訴になったうえ、検察審査会でも不起訴相当という結論が出ているにもかかわらず、今回の判決ではそうした捜査の結果についても一切触れられておらず不服です」と述べました。
 TBS「元社員の在職中の事案 誠に遺憾」
 判決についてTBSテレビは「元社員の在職中の事案であり、誠に遺憾です」というコメントを出しました。
 菅官房長官「コメントするのは差し控えたい」
 菅官房長官は、臨時閣議のあとの記者会見で、「個別の民事訴訟について、政府としてコメントするのは差し控えたい」と述べました。
 そのうえで「性犯罪や性暴力は、性別を問わず人権を著しく踏みにじる決して許されない行為だ。性犯罪や性暴力被害のためのワンストップ支援センターがすべての都道府県に設置されるなど、政府として支援の充実を図ってきている。今後とも被害者に寄り添いながら、被害者支援の充実にしっかりと取り組んでいきたい」と述べました。
 伊藤詩織さん 訴えまでの経緯
 訴えや判決によりますと、伊藤さんは4年前の平成27年、就職先を紹介してもらおうと、当時、TBSのワシントン支局長だった山口氏と食事に行き、飲酒をしました。
 伊藤さんは酒に酔って意識を失い、山口氏が泊まっていたホテルの部屋で性行為をされてから意識を取り戻したとして、合意が無かったと主張しました。
 ホテルから出た伊藤さんは産婦人科でアフターピルの処方を受け、友人に被害を相談し、警察にも相談のうえ、性的暴行を受けたとして告訴したということです。
 刑事事件については警視庁が捜査しましたが、東京地方検察庁は平成28年、山口氏について、嫌疑不十分で不起訴処分にしました。
 平成29年、伊藤さんは顔や名前を出して記者会見を開き、性被害にあったと訴えました。
 伊藤さんの会見は「自分も被害者だ」という意味の「#MeToo」という動きが世界で広がる中で注目を集め、日本での性被害をめぐる議論のきっかけにもなりました。
(2019年12月18日 17時20分 NHK)

このページへのコメント

暴行を受けた後のスタスタ歩く映像を見ました。
股関節脱臼でしたっけ?
嘘も大概にしてください。
この裁判官はどこを見て判決を出したのですか?
この判決こそ訴えられますよ。

1
Posted by 梅原隆司 2020年02月03日(月) 01:01:50 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます