報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

収賄ほう助の会社員有罪 前伊東市長汚職、東京地裁

 静岡県伊東市の土地購入を巡る前伊東市長、佃弘巳被告(71)=収賄罪で起訴、公判中=の贈収賄事件で、現金の受け渡しを仲介したとして収賄ほう助の罪に問われた会社員、稲葉寛被告(50)に、東京地裁(永渕健一裁判長)は25日、懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役1年)の判決を言い渡した。
 判決理由で永渕裁判長は、稲葉被告が経営する会社に賄賂金が迂回され、犯行が明るみに出ないように重要な役割を果たしたと指摘。佃被告に金銭面で弱みを握られて関与を断りづらく、反省していることを考慮して猶予判決とした。
 判決によると、佃被告が市長だった2015年8〜9月、森圭司郎被告(48)=贈賄罪で有罪判決=が社長を務めていた建設会社が持つホテルの跡地を市が購入。便宜を図った謝礼として、佃被告が受け取った現金1千万円の受け渡しを仲介した。〔共同〕
(2018/12/26 9:31 日経新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます