報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

妻殺害で講談社社員に懲役11年の実刑判決 東京地裁

 東京都文京区の自宅で2016年、妻を絞殺したとして殺人罪に問われた講談社社員、朴鐘顕(パク・チョンヒョン)被告(43)=休職中=に対し、東京地裁(守下実裁判長)の裁判員裁判は6日、懲役11年(求刑・懲役15年)の実刑判決を言い渡した。
 起訴状などによると、朴被告は16年8月9日ごろ、自宅で妻佳菜子さん(当時38歳)の首を絞め、窒息させて殺害したとされる。
 朴被告は先月19日の初公判で、「妻を殺していません」と起訴内容を否認。弁護人も「他殺ではなく、自殺だ」と無罪を主張した。
 一方、検察側は朴被告が佳菜子さんから育児への不満を言われたり、被告の実母をけなされたりしたことから突発的に殺意を抱き、殺害に及んだと主張していた。【蒔田備憲】
(2019年3月6日 15時15分(最終更新 3月6日 18時06分) 毎日新聞)

講談社元編集次長に懲役11年=無罪主張、自宅で妻殺害−東京地裁

 東京都文京区の自宅で2016年、妻を殺害したとして、殺人罪に問われた講談社元編集次長朴鐘顕被告(43)=休職=の裁判員裁判の判決が6日、東京地裁であった。守下実裁判長は「態様は悪質」と述べ、懲役11年(求刑懲役15年)を言い渡した。
 守下裁判長は、妻は窒息死で、寝室からは窒息した痕跡の尿や唾液混じりの血液が検出されたと指摘。朴被告の腕のけがなどから、「被告が寝室で窒息死させたと推認される。妻は育児ストレスで尋常でない状態で、被告は突発的に殺意を抱いた」と述べた。
 弁護側は「妻は階段の手すりにジャケットを巻き、首つり自殺した」と無罪を主張していた。守下裁判長は、階段に尿反応はなく、ジャケットの繊維も手すりに付着していなかったとし、自殺はあり得ないと判断した。
 主文を言い渡されると、黒のスーツ姿の朴被告は「してない。間違ってます」と裁判長に訴えた。
 判決によると、朴被告は16年8月9日、文京区千駄木の自宅で、妻佳菜子さん=当時(38)=の首を圧迫して窒息死させた。
 朴被告は少年向け漫画雑誌「週刊少年マガジン」や青年誌「モーニング」を担当。「聲(こえ)の形」や「七つの大罪」などヒット作を連発し、「進撃の巨人」の連載開始にも携わった。
(2019年03月06日18時14分 時事ドットコム)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます