報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

前伊東市長に懲役2年 土地購入汚職事件で東京地裁

 静岡県伊東市の土地購入取引を巡る汚職事件で、土地を所有していた業者に便宜を図る見返りに現金1300万円を受け取ったとして収賄罪に問われた前市長、佃弘巳被告(72)に、東京地裁(永渕健一裁判長)は18日、懲役2年、追徴金1300万円(求刑懲役3年6月、追徴金1300万円)の実刑判決を言い渡した。
 永渕裁判長は判決理由で「自ら計画し首謀したもので、手口も巧妙」と指摘。「公務の公正と社会の信頼を大きく失墜させ、悪質性が強い」として「実刑に処するのが相当」と判示した。
 判決によると、佃被告は2015年8〜9月、伊東市による土地購入に際して便宜を受けた事への謝礼と知りながら、土地を所有する業者から300万円を直接受け取ったほか、仲介者を通じて現金1千万円を受け取った。
 佃被告は初公判で「間違いない」と起訴内容を認めていた。
 同事件では佃被告に賄賂を渡したとして、元建築会社社長の森圭司郎被告(48)が贈賄罪で懲役1年6月、執行猶予3年、仲介役の会社員、稲葉寛被告(50)が収賄ほう助罪で懲役1年、執行猶予3年の有罪判決を受け、いずれも確定している。
(2019/3/18 11:09 (2019/3/18 11:54更新) 日経新聞)

前伊東市長に懲役2年 土地購入巡り収賄、東京地裁判決

 伊東市のホテル跡地売買を巡る汚職事件で収賄罪に問われた前市長の(72)の判決公判で、東京地裁は18日、懲役2年、追徴金1300万円(求刑懲役3年6月、追徴金1300万円)の実刑判決を言い渡した。永渕健一裁判長は「現職市長の地位を私利私欲のために利用した悪質性の強い行為」と指摘した。
 永渕裁判長は判決理由で、賄賂の授受を巧妙な手段で主導した上、犯行後には受け渡しを仲介した男性(50)=懲役1年、執行猶予3年が確定=に借金返済を装うように指示して犯行発覚を防ごうとしたと指摘。「社会の信用を大きく失墜させる行為の首謀者」と非難した。
 被告が退職金を返納する意向を示していることや、高齢で健康不安を抱えている点を考慮しても「他の同種事案と比べても賄賂は高額。刑の執行を猶予すべきではなく、実刑に相当すると判断した」と述べた。
 判決によると、被告は2015年8〜9月、同市の建設・不動産会社が所有するホテル跡地を市が購入した取引に関し、便宜を図った謝礼として同社元社長の男性(48)=懲役1年6月、執行猶予3年が確定=から、仲介役の男性を通すなどして現金計1300万円を受け取った。
(2019/3/18 12:25 静岡新聞)

その後

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます