報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

交際相手殺害の元大田区職員の男に東京地裁が懲役18年

 交際相手の女性を殺害し、遺体を東京都江東区の路上に遺棄したとして、殺人と死体遺棄などの罪に問われた元大田区選挙管理委員会職員、上田一美被告(57)の裁判員裁判の判決公判が29日、東京地裁で開かれた。中山大行裁判長は「身勝手な犯行」として、懲役18年(求刑懲役20年)を言い渡した。
 上田被告は初公判で「殺してしまったことは間違いないが、被害者の同意があった」と述べ、殺人の起訴内容を否認していた。
 中山裁判長は、被害者がかかっていた精神科医の診察内容などから「被害者が死を望んでいた様子はうかがえない」と認定。ネクタイで強く首を絞め続けて窒息死させたことから「強固な殺意に基づく身勝手な犯行だ」と指弾した。
 判決によると、上田被告は平成29年10月31日、太田智子さん=当時(47)=の首を絞めて殺害。同日深夜から翌11月1日にかけて、江東区内の路上に遺体を遺棄するなどした。
(2019.1.29 18:26 産経新聞)

女性殺害し路上に遺棄、元区職員に懲役18年

 交際相手の女性を殺害したとして、殺人や死体遺棄罪などに問われた元東京都大田区選挙管理委員会事務局係長・上田一美被告(57)の裁判員裁判で、東京地裁(中山大行ともゆき裁判長)は29日、懲役18年(求刑・懲役20年)の判決を言い渡した。
 判決によると、上田被告は2017年10月31日〜翌11月1日、交際相手の女性(当時47歳)の首をネクタイで絞めて殺害し、遺体を江東区の路上に遺棄。同日、コンビニ店の現金自動預け払い機(ATM)で女性のキャッシュカードを使って現金41万円を引き出した。
 弁護側は、女性が「死にたい」と発言していたなどとして、同意殺人罪の成立にとどまると主張したが、判決は「被害者が死を望んでいた様子はうかがわれない」と退けた。
(01/29 21:33 読売新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます