報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

西部さん自殺ほう助、MX子会社元社員猶予判決

 東京都大田区の多摩川で1月、評論家の西部邁すすむさん(当時78歳)の入水自殺を手伝ったとして、自殺ほう助罪に問われた東京メトロポリタンテレビジョン(MXテレビ)の子会社の元社員・窪田哲学被告(45)(9月12日付で懲戒解雇)に対し、東京地裁(守下実裁判官)は14日、懲役2年、執行猶予3年(求刑・懲役2年)の判決を言い渡した。
 判決によると、窪田被告は別の男(懲役2年、執行猶予3年の有罪確定)と共謀。1月21日未明、多摩川まで西部さんに同行し、遺体が流されないよう西部さんの体と川岸の立ち木をロープでつなぐなどして入水自殺を手伝った。
 窪田被告は公判で「遺体が流されないようにしただけで自殺を手伝ったわけではない」と無罪を主張したが、判決は「ロープを購入するなど入念な準備をしており、心理的、物理的に自殺を容易にした」と退けた。
(2018年09月14日 11時53分 読売新聞)

西部邁氏の自殺幇助、MX元社員に有罪判決 無罪を主張

 評論家の西部邁(にしべすすむ)さん(当時78)の自殺を手助けしたとして、自殺幇助(ほうじょ)の罪に問われた、東京メトロポリタンテレビジョン(MXテレビ)の元社員窪田哲学被告(45)=12日付で懲戒解雇=に対する判決公判が14日、東京地裁であった。守下実裁判官は「幇助行為の重要部分を担っており、果たした役割は大きい」と述べ、懲役2年執行猶予3年(求刑懲役2年)を言い渡した。
 窪田被告は西部さんが司会を務めた番組のプロデューサーを担当したことなどがきっかけで、親しく交際していた。判決によると、西部さんが自殺を決意していることを知り、1月21日に知人の男性=懲役2年執行猶予3年の判決が確定=と一緒に西部さんの体にハーネスや重りをつけ、東京都大田区の多摩川まで連れて行くなどした。
 公判で窪田被告はハーネスや重りを西部さんにつけたことは認めつつ、「遺体が川に流されず、発見が容易になるためにつけただけで、自殺は手助けしていない」などと無罪を主張していた。これに対して、判決は「確実に遺体を発見してもらうことは西部さんが思い描く自殺をするために不可欠な要素だった。自殺を心理的、物理的に容易にしたことは明らかだ」と退けた。(杉浦幹治)
(2018年9月14日12時47分 朝日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます