報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

西部邁さん自殺幇助、青山忠司被告に有罪判決 「遺族の悲嘆は大きい」 東京地裁

 評論家の西部邁(すすむ)さん=当時(78)=の自殺を手助けしたとして、自殺幇助(ほうじょ)罪に問われた会社員、青山忠司被告(54)の判決公判が30日、東京地裁で開かれた。守下実裁判官は「計画の重要部分を担った」として懲役2年、執行猶予3年(求刑懲役2年)を言い渡した。
 守下裁判官は「現場の下見など入念な準備をし、西部氏をレンタカーで現場まで送り届けた」などと指摘。「自殺を思いとどまらせようと努力してきた遺族の悲嘆は大きい」とした。
 一方「被告が協力したのは、かねてから自殺することを公言していた西部氏からの働きかけが大きい」などとして執行猶予付き判決が相当とした。
 判決によると、青山被告は東京MXテレビ子会社社員、窪田哲学被告(45)=同罪で公判中=と共謀し、1月21日、西部さんを多摩川に車で連れて行き、安全ベルトなどを装着。入水させ、溺死による自殺を手助けした。
 青山被告は西部さんの私塾の塾頭だった。
(2018.7.30 12:52 産経ニュース)

西部邁氏の自殺手助け、知人の会社員に有罪判決

 評論家の西部邁(にしべすすむ)さん(当時78)が1月に自殺したのを手助けしたとして、自殺幇助(ほうじょ)の罪に問われた知人の会社員青山忠司被告(54)に対し、東京地裁は30日、懲役2年執行猶予3年(求刑懲役2年)の有罪判決を言い渡した。守下実裁判官は「自殺を思いとどまらせようと努力してきた遺族の悲嘆は大きく、刑事責任は軽視できない」と述べた。
 判決によると、青山被告は西部さんが自殺を決意していることを知り、手助けをしようと東京メトロポリタンテレビジョン(MXテレビ)の子会社社員窪田哲学被告(45)=同罪で公判中=と共謀。1月21日に東京都大田区の多摩川付近まで西部さんを車で連れて行き、川に入水して自殺するのを手助けした。
 判決は窪田被告が、ロープやおもり付きのベルトなどを装着させ、川に流されないように固定したと指摘した。窪田被告は「遺体が発見されやすいようにはしたが、幇助ではない」と無罪を主張しており、青山被告とは公判が分離されている。(杉浦幹治)
(2018年7月30日12時28分 朝日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます