報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

茶のしずく石鹸の旧製品「欠陥あった」 販売元などに3440万円賠償命令

 「茶のしずく石鹸(せっけん)」の旧製品を使ったため小麦アレルギーなどを発症したとして、東京都などに住む23人が製造販売元の悠香など3社に計3億500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が22日、東京地裁であった。岡崎克彦裁判長は「本件石鹸には欠陥があった」として、悠香と製造会社のフェニックスに計約3440万円を支払うよう命じた。原材料の小麦由来成分を製造した片山化学工業研究所への請求は退けた。
 この製品をめぐる各地の集団訴訟で、悠香に対する判決は初めて。東京訴訟では計169人が訴えを起こしたが、146人は悠香とフェニックスの間で和解が成立し、片山への訴えは取り下げて終結している。
 岡崎裁判長は、2000件超のアレルギー症例が報告され、重症化した患者もいることなどから、石鹸は「通常有すべき安全性を欠いていた」として欠陥があったと判断。製品に使われた小麦由来成分と小麦の反応でアレルギーが発症することを「認識できなかったとは考えにくい」とし、悠香とフェニックスの責任を認めた。
 一方、片山については小麦由来成分が使われた医薬部外品や化粧品のうち、アレルギーの発症が報告されたのは一部にとどまることから、「安全性の水準を欠いているとまではいえない」とした。
 その上で、原告の認容額は1人当たり約72万円〜250万円とした。
(2018.6.22 16:39 産経ニュース)

「茶のしずく石鹸」製造・販売2社に賠償命令

 「茶のしずく石鹸(せっけん)」の旧製品を使い小麦アレルギーを発症したとして、東京都内の女性ら23人が販売会社など3社に計約3億500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が22日、東京地裁であった。岡崎克彦裁判長は販売会社「悠香」(福岡県)と製造したフェニックス(奈良県)の責任を認め、計約3345万円の支払いを命じた。
 岡崎裁判長は判決理由で、2千人超の発症者がおり、重症化した患者もいることから「せっけんは安全性を欠き、欠陥があった」と指摘。当時の科学的知見でも、原因物質が皮膚を透過して小麦アレルギーを発症する可能性を「認識できなかったとは考えにくい」とし、2社の責任を認定した。
 せっけんの使用法として二度洗いが推奨され、角質が除去された結果、原因物質を透過しやすくなった可能性に言及し、「製品設計こそがアレルギー発症の重要な要因となっている」と判断した。
 小麦由来成分を含む原料を作った片山化学工業研究所(大阪市)については「安全性の水準を欠いているとまでは言えない」と責任を否定し、同社への請求を棄却した。
 原告は1人当たり1000万〜1500万円の賠償を求めたが、判決は重症度などに応じて損害額を約72万〜250万円と算定した。
 判決後、東京都内で記者会見した原告の女性(52)は一部請求が退けられ「心の傷が深まった」と批判。「一生、小麦を食べられず、外食で家族とだんらんするのも難しくなった」と苦悩を打ち明けた。弁護団は控訴する方針を明らかにした。
 悠香は「判決を真摯に受け止め、精査の上、対応を決めたい」とコメント。フェニックスは「判決を見ていないのでコメントできない」とした。片山化学工業研究所は「当社の主張が認められた正当な判決」とコメントした。
(2018/6/22 18:25 日経新聞)

その後

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます