報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

前山梨市長の元妻に懲役6年=3億7600万円詐取−東京地裁

 山梨県山梨市の望月清賢前市長(70)=受託収賄罪などで有罪確定=の元妻で、知人から現金約3億7600万円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた望月治美被告(62)の判決が10日、東京地裁であった。任介辰哉裁判長は「被害結果は重大」と述べ、懲役6年(求刑懲役8年)を言い渡した。
 治美被告は「金は借りていただけ」と無罪を主張していたが、任介裁判長は「虚偽の納品書をファクスするなど、架空取引が実在するよう装った」と退けた。
 その上で、手口について「高額の利益を約束し、実際に利益が出ているよう見せ掛けた。非常に巧妙」と指摘。「反省の態度は見られず、刑事責任は重い」と批判した。
 判決によると、治美被告は2011年3月〜13年2月、自身が代表を務める石材会社の事業資金名目で、埼玉県和光市の男性から計約3億7600万円をだまし取った。
(2018/05/10-11:49 時事ドットコム)

前山梨市長の元妻に懲役6年判決 3.7億円詐取

 知人の元医師を介して埼玉県の男性から事業資金名目で計約3億7千万円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた山梨県山梨市の石材会社「差出(さしで)石材」の社長、望月治美被告(62)に対し、東京地裁は10日、懲役6年(求刑懲役8年)の実刑判決を言い渡した。任介(とうすけ)辰哉裁判長は「手口は非常に巧妙。反省の態度もない」と述べた。望月被告は、受託収賄罪などで有罪判決が確定した前山梨市長の元妻。
 望月被告は「元医師がどのように金を集めていたかは知らない」と無罪を主張したが、任介裁判長は「虚偽の納品書などを自社従業員に作成させ、自らも男性の宛名を書いてファクスした」などとして退けた。
 判決によると、望月被告は架空の石材取引を信じ込ませた元医師を介し、「資金があればあるだけ運用できる」などとうそをついたり、虚偽の納品書や明細書を示したりして、男性から多数回にわたって約3億7千万円を振り込ませた。(杉浦幹治)
(2018年5月10日16時55分 朝日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます