報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

テレ朝に賠償命令=顕正会めぐる報道−東京地裁

 強引な勧誘をしたとの報道で名誉を傷つけられたとして、宗教法人「顕正会」が報道機関9社に計1000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁(谷口安史裁判長)は16日、テレビ朝日に20万円の支払いを命じた。時事通信社を含む8社への請求は棄却した。
 谷口裁判長は、テレ朝が番組内で取り上げた「日本脱カルト協会」幹部の「勝手に入会届を書かれた」などの発言について、「事例があることを断定的に述べた」と指摘。その上で、同協会の活動内容や幹部の立場が不明だとし、「発言内容を真実と信じる正当な理由があったとは言えない」と判断した。
 一方、他の民放やNHK、新聞社など8社の報道は、警察関係者への取材に基づき、「取材源を信用できると判断したことには相当の理由があった」と述べた。
 判決によると、9社は2013年9月、顕正会が警視庁の家宅捜索を受けた際、会員2人が男性に対し、強引に入会を迫った疑いがあるなどと報じた。
 テレビ朝日の話 判決内容を精査し、対応を決めたい。
 顕正会の話 今後の対応は判決内容を精査した上で判断する。
(2018/03/16-18:33 時事ドットコム)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます