報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

焼肉酒家えびすに1.7億円賠償命令 ユッケ食中毒訴訟

 2011年に焼き肉チェーン店「焼肉酒家えびす」でユッケを食べた客181人が食中毒を発症し、5人が死亡した事件で、富山県の遺族ら9人が店の運営会社「フーズ・フォーラス」(東京、特別清算中)と当時の社長らに約2億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が13日、東京地裁であった。鈴木尚久裁判長は、社長らの賠償責任は認めず、同社のみに約1億7千万円の支払いを命じた。
 裁判で同社は賠償責任を認めており、社長と店長に責任があるかが焦点だった。鈴木裁判長は事件当時、生肉の提供が禁じられていなかったことや、肉の表面を削り取る国の衛生基準が周知されていなかったことに着目。社長について「国の基準に沿うよう徹底していなくても重過失があったとは言えない」と判断した。店長も「社のマニュアルに従ったに過ぎない」として請求を棄却した。
 原告で、次男(当時14)を亡くした自営業久保秀智さん(55)=富山県小矢部市=は判決後、「社長らの責任が認められず残念」と話した。食中毒で家族を失うような事件を二度と起こしてはならない、との思いでこの日を迎えた。「事件は今でも昨日のことのよう。遺族になって初めて分かった。遺族ってなんてつらいんだ、と」
 この事件では、11年4月、富山、福井、石川、神奈川各県の店舗で食中毒が発生し、死者5人を含む181人が発症した。事件後、国は飲食店での豚の肉・内臓の生食用の販売などを禁じた。(後藤遼太、高億翔)
(2018年3月13日21時10分 朝日新聞)

「えびす」運営会社に賠償命令 生肉食中毒で判決

 2011年に5人が死亡した「焼肉酒家えびす」の生肉集団食中毒で、遺族や被害者計9人が運営会社などに約2億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が13日、東京地裁であった。鈴木尚久裁判長は同社に約1億6千万円の支払いを命じた。元社長や元店長に対する請求は棄却した。
 賠償を命じられたのは運営会社「フーズ・フォーラス」(東京、特別清算手続き中)。同社は衛生管理を怠っていたことを認め、賠償責任を争っていなかった。
 元社長への訴えについて、鈴木裁判長は「当時は国の衛生基準が周知されておらず、重大な過失は認められない」と責任を否定。「元店長も会社のマニュアルに従って調理をしていた」として原告側の請求を退けた。
 11年4月、富山や石川など4県の店舗でユッケを食べた客ら約180人が食中毒症状を訴えた。このうち5人が死亡し、牛レバーの生食提供の禁止につながった。
 肉を卸した「大和屋商店」(東京)を相手に遺族らが起こした訴訟は、17年9月に金沢地裁で和解が成立した。
 判決が元社長ら個人の責任を否定したことについて、遺族で原告の小西政弘さん(54)は記者会見を開き、「誰に責任があるのか見えなかった。納得できない」と批判した。
(2018/3/13 15:41 (2018/3/13 17:50更新) 日経新聞)

えびす集団食中毒で判決 運営会社のみ賠償責任認める

 7年前、生のユッケが原因で5人が死亡した『焼肉酒家(やきにくざかや)えびす』の集団食中毒事件で、遺族らが焼肉店の運営会社や元社長などを相手取り、損害賠償を求めた裁判の判決が13日、東京地裁でありました。
 東京地裁は運営会社のみに賠償責任を認め、総額1億9000万円の支払いを命じました。
 13日、東京地裁で行われた裁判の判決には県内の遺族から当時、中学2年生の次男を亡くした小矢部市の久保秀智(くぼ・ひでのり)さんと妻と義理の母を亡くした砺波市の小西政弘(こにし・まさひろ)さんの2人が出廷しました。
 ユッケによる集団食中毒事件は2011年に富山や福井など4県の『焼肉酒家えびす』の店舗で生肉のユッケなどを食べた216人が食中毒となり、そのうち5人が死亡したものです。
 県警はえびすの運営会社、『フーズ・フォーラス』の元社長と肉の卸売り業者、『大和屋商店(やまとやしょうてん)』の元役員を業務上過失致死傷の疑いで書類送検しましたが、証拠が不十分だとして不起訴となっています。
 次男を亡くした久保秀智(くぼ・ひでのり)さんON妻と義理の母を亡くした小西政弘(こにし・まさひろ)さんON一方、事件をめぐってはこれまで東京と金沢で民事裁判が行われてきました。
 東京地裁では2014年10月に久保さんや小西さんら県内の3家族が『フーズ・フォーラス』とその元社長、『大和屋商店』、『えびす砺波店』の元店長に対し、損害賠償を求めて提訴。
 金沢地裁では『フーズ・フォーラス』と一部の被害者が『大和屋商店』に損害賠償を求めて提訴。
 保険金1億円を遺族や被害者に分配して支払うことで去年9月に和解が成立したため、東京地裁の裁判で『大和屋商店』への訴えが取り下げられました。
 提訴から3年5か月。
 13日の判決で鈴木尚久裁判長は、遺族側のおよそ2億3000万円の賠償請求に対し、東京地裁は法人としてのフーズ・フォーラスのみに賠償責任を認め、およそ1億9000万円の支払いを命じました。
 一方、フーズ・フォーラスの元社長とえびす砺波店の元店長の過失について遺族側は肉の表面を削り取るトリミング作業を省くなどずさんな衛生管理が事件を招いたと主張していましたが、鈴木裁判長は判決で重大な過失はなかったとしていずれも請求を棄却しました。
 判決を受け、遺族はー。
 遺族側は控訴しない方針で、今後は、検察官の不起訴の判断が正しかったかどうかを審査する検察審査会に訴えたいとしています。
(2018年03月13日 18時15分 チューリップテレビ)

その後

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます