報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

死刑囚に無罪判決 別件の殺人事件で 東京地裁

 死刑が確定した後、別の2件の殺人事件への関与を告白し、殺人罪に問われた指定暴力団住吉会系元会長、矢野治(おさむ)被告(69)の裁判員裁判の判決公判が13日、東京地裁で開かれた。楡井(にれい)英夫裁判長は「(告白内容を記載した)あなたの手紙は信用できない」などとして無罪(求刑無期懲役)を言い渡した。
 矢野被告側は公判で無罪を主張。告白は虚偽で、目的について「新たな事件の話を出せば警察が、死刑判決を受けた事件も再捜査してくれると思ったため」だとしていた。
 検察側は、「告白の目的は死刑執行の引き延ばしで、告白の内容は信用できる」と指摘。否認に転じたのは「裁判も引き延ばすためだ」としていた。
 矢野被告は前橋市のスナックで4人が死亡した拳銃乱射事件の首謀者として殺人罪などに問われ、平成26年3月に死刑判決が確定した。刑法の規定上、2件の殺人で有罪が確定しても新たな刑は執行されない。
 矢野被告は8年8月、元組員ら3人=いずれも死亡=と共謀して不動産業、津川静夫さん=当時(60)を殺害し、10年4月には単独で会社役員、斎藤衛さん=同(49)を殺害したとして起訴された。
(2018.12.13 15:28 産経新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます