報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

吉澤ひとみ被告に「懲役2年 執行猶予5年」の有罪判決

 酒気帯び運転でひき逃げをしたとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ、酒気帯び運転)の罪に問われた元「モーニング娘。」メンバーで現在は芸能界を引退した吉澤ひとみ被告(33)の裁判で東京地裁(佐藤卓生裁判官)は30日、同被告に「懲役2年 執行猶予5年」の有罪判決を言い渡した。
 判決では、検察側の提出した証拠がすべて認定。判決文によれば、事故の際の吉澤被告の対応ぶりの悪質さが指摘されたが、被害者との示談が成立していることや、夫や元所属事務所の関係者からの嘆願書、また、被告本人が深く反省している様子なども考慮され、「深く反省する時間が必要」(佐藤裁判官)と、長めである「5年」という執行猶予付きの有罪判決に至った理由が説明された。
 佐藤裁判官は「過ちを繰り返さないように、この5年の間に自覚を持ってもらいたい。執行猶予期間を過ぎてもこのような事がないように」と諭され、吉澤被告も小さく「はい」と返事をした。
(11/30(金) 12:16 東スポ)

<元モー娘>吉沢被告に懲役2年、執行猶予5年 判決要旨

 酒気帯び状態で車を運転し、ひき逃げしたとして、道交法違反と自動車運転処罰法違反(過失傷害)に問われたアイドルグループ「モーニング娘。」の元メンバー、吉沢ひとみ被告(33)に対し、東京地裁(佐藤卓生裁判官)は30日、懲役2年、執行猶予5年(求刑・懲役2年)の有罪判決を言い渡した。 判決要旨は以下の通り。
 【主文】
 吉沢被告を懲役2年に処する。
 この裁判が確定した日から5年間その刑の執行を猶予する。
 【罪となるべき事実】
 第1 吉沢被告は、酒気を帯び、呼気1リットルにつき0.15ミリグラム以上のアルコールを身体に保有する状態で、2018年9月6日、午前6時57分ごろ、東京都中野区東中野2丁目25番付近道路において、普通乗用自動車を運転した。
 第2 吉沢被告は、前記第1事実に記載した日時ごろ、前記車両を運転し、前記場所の先にある信号機により交通整理の行われている交差点を、渋谷方面から池袋方面へ向かって直進するに当たり、普通乗用自動車を運転する者として、法定速度を順守し、交差点に設置された対面信号機の信号表示に留意するとともに、その信号表示に従って進行するべき自動車運転上の注意義務があるのに、このような注意義務を怠り、法定速度を順守せず、対面信号機の信号表示に留意することなく、信号機が赤色(青色右折可矢印)を表示していることを看過したまま、漫然と時速約86キロで進行した過失により、折から同交差点出口に設けられた横断歩道上を信号に従って左方から右方に向かい横断進行を開始した女性被害者(当時21歳)運転の自転車を左前方約33メートルの地点に認め、急制動の措置を講じたが間に合わず、同自転車に自車左前部を衝突させて同自転車もろとも女性被害者を路上に転倒させた上、その衝突の衝撃により、同自転車を前方へはね飛ばし、同横断歩道付近を信号に従い左方から右方に向かい横断歩行してきた男性被害者(当時49歳)に同自転車を衝突させて男性被害者を路上に転倒させ、よって、女性被害者に加療約10日間を要する左頬部(きょうぶ)裂創等の傷害を、男性被害者に全治約5日間を要する左顔面打撲等の傷害をそれぞれ負わせた。
 第3 吉沢被告は、前記第2事実に記載したとおり、前記女性被害者及び男性被害者に傷害を負わせる交通事故を起こし、もって自己の運転に起因して人に傷害を負わせたのに、直ちに車両の運転を停止して同人らを救護する等必要な措置を講ぜず、かつ、その事故発生の日時及び場所等法律の定める事項を、直ちに最寄りの警察署の警察官に報告しなかった。
 【量刑の理由】
 吉沢被告は、酒気帯び運転、過失運転致傷、救護義務違反・報告義務違反という、そのいずれか一つを犯しただけでも重い責任を問われる罪を犯している。その上、被告の各犯行は、いずれも、同種の犯罪と比べて態様が悪質である。すなわち、まず、酒気帯び運転の事案では、被告の呼気からは、他の酒気帯び連転の事案と比べても高濃度の値が検出されている。また、過失運転致傷の事案は、信号表示に従って定められた速度で進行するという、自動車運転者として最も基本的な自動車運転上の義務に違反し、横断歩道上にいた被害者2人に対してけがをさせている。 傷害の結果も顔面に傷痕が残るなどというものであり軽いものではない。さらに、被告は、被害者らを救護したり警察に報告したりしないままその場を走り去っている。以上によれば、被告の責任は相当に重い。
 しかし、被告は被害者両名に対する謝罪に努め、その結果、いずれの被害者との間でも示談が成立している。被害者らは、治療費、慰謝料等の支払いを受け、いずれも、被告をゆるし、被告に対する寛大な処分を求めている。さらに、検察官の主張を踏まえてみても、事故後、被告が自ら110番通報をして事故現場に自らの意思で戻ったことは、被告が自らの責任の大きさを自覚した結果の行為と理解することができ、被告にとって有利に考えることのできる事情である。さらに、被告の夫が出廷して被告を監督する旨を約束しているほか、被告の母親、元所属事務所のマネジャー及び代表者も嘆願書を提出している。加えて、被告が本件犯行を深く反省・後悔していることは明らかである。被告は、今後は、自らの犯した過ちを償い、反省の気持ちを忘れず社会人としての責任を一層自覚して生活することを公開の法廷で約束している。
 このような被告にとって有利に考えることのできる事情を踏まえると、被告に対する刑の執行を猶予することが相当である。もっとも、前述のとおり、本件は犯行態様がいずれも悪質で、過失運転致傷罪については生じた結果も軽視できない事案であるから、既に被告が一定の反省をしているとはいえ、更に反省を深める時間を求めることが必要である。そこで、刑の執行猶予の期間は通常よりも長く5年間とすることが相当である。
(11/30(金) 13:09 毎日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます