報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

傷害致死罪に問われた男性に無罪判決 東京地裁

 去年、東京・北区で、同じ工事現場で働いていた作業員を殴り死亡させたとして、傷害致死の罪に問われた男性の裁判員裁判で、東京地方裁判所は、正当防衛には当たらないという検察の主張を退け、無罪を言い渡しました。
 去年11月、東京・北区の宿泊施設で、56歳の作業員の男性が殴られて死亡し、同じ工事現場で働いていた齋藤誠さん(45)が傷害致死の罪に問われました。
 裁判員裁判で、被告側が「身を守るための正当防衛だった」と主張したのに対して、検察は「酔っていた作業員に対する一方的な暴行で、正当防衛には当たらない」として懲役8年を求刑しました。
 22日の判決で、東京地方裁判所の園原敏彦裁判長は「直前の被告の言動からは一方的に暴行しようと考えていたとは認められず、正当防衛に当たらないことが証明されていない」として無罪を言い渡しました。
 男性は、弁護士を通じて「自由の身になれてほっとしています。自分の言い分が理解され深く感謝しています」とコメントしています。
 一方、東京地方検察庁の山上秀明次席検事は「主張が認められなかったことは遺憾であり、判決内容を十分検討して適切に対処したい」とコメントしています。
(9月22日 20時22分 NHK)

上司を殴り死亡させた被告、正当防衛認め無罪

 上司の男性を殴って死亡させたとして、傷害致死罪に問われた山口県周南市の元配管工斎藤誠被告(45)の裁判員裁判で、東京地裁(園原敏彦裁判長)は22日、被告の正当防衛を認め、無罪(求刑・懲役8年)とする判決を言い渡した。
 斎藤被告は昨年11月13日に東京都北区の宿泊施設で、上司の配管工上石孝志さん(当時56歳)の顔を何度も殴り、外傷性くも膜下出血で死亡させたとして起訴された。2人は同じ会社に勤め、同室で暮らしていた。
 公判で検察側は、「被告は酔った上石さんを一方的に殴りつけた」と主張したが、判決は、上石さんが斎藤被告の胸ぐらをつかんで殴りかかっていたことなどから、「被告の暴行は一方的ではなく、被告の暴行が防衛の程度を越えていたとは認められない」と退けた。
(2017年09月22日 21時54分 読売新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます