報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

「宮司の証言、信用できない」さい銭泥棒裁判で無罪判決

 東京都足立区の神社で1月にさい銭箱の現金を盗もうとしたとして、窃盗未遂の罪に問われた墨田区の無職男性(48)に、東京地裁は1日、無罪(求刑懲役1年)を言い渡した。園原敏彦裁判官は「宮司の証言は信用できず、犯罪の証明が無い」と理由を説明した。
 男性は1月2日午後5時ごろ、足立区の神社でさい銭箱を持ち上げ、中にあった現金を盗もうとした罪で起訴された。検察側は「(男性が)さい銭箱を揺らすジャラジャラジャラという音がした」「さい銭箱を20〜30センチ持ち上げていた」などとする宮司の証言を立証の支えにしていた。
 判決は、「宮司がさい銭回収で聞き慣れているさい銭箱をひっくり返す際の音と、さい銭箱を持ち上げる音が同じかは疑問だ」と述べた。目撃証言についても、「薄暗くて手元が見えづらい状況だった」と疑問を呈した。「正月の三が日で参拝客も多く露店も多い状況でさい銭泥棒をするのは不合理だ」とも指摘した。(後藤遼太)
(2017年9月1日12時33分 朝日新聞)

さい銭泥棒、48歳の男に無罪判決 宮司の証言「信用できず」

 東京都足立区の神社で1月2日にさい銭箱の現金を盗もうとしたとして、窃盗未遂罪に問われた墨田区の無職男性(48)に、東京地裁は1日、無罪(求刑懲役1年)を言い渡した。目撃したとする宮司の証言は信用できないと判断した。
 検察側は「さい銭箱を揺らすジャラジャラジャラという音を聞き、箱を20〜30センチほど持ち上げるのを見た」とする宮司の証言を立証の柱としていた。
 園原敏彦裁判官は「三が日で人が多く、大きな音を鳴らすのは泥棒の行動として不合理」と指摘。宮司と男性は約11メートル離れ、周囲も薄暗かったことから箱を持ち上げたとする証拠はないと認定した。
(2017.9.1 16:59 産経ニュース)

「宮司の思い込み拭えず」さい銭窃盗未遂で無罪

 東京都足立区の神社のさい銭箱から現金を盗もうとしたとして、窃盗未遂罪に問われた墨田区の無職男性(48)に対し、東京地裁は1日、無罪(求刑・懲役1年)の判決を言い渡した。
 公判は、男性の行動を目撃したとされた宮司の証言の信用性が争点になり、園原敏彦裁判官は、「宮司が男性をさい銭泥棒と思い込んだ可能性を拭えない」と述べた。
 男性は1月2日午後5時過ぎ、神社でさい銭箱を持ち上げるなどして現金を盗もうとしたとして起訴されたが、「さい銭箱を持ち上げていない」などとして無罪を主張した。
 公判に証人出廷した宮司は、「男性の参拝直後に『ジャラジャラジャラ』とさい銭箱を揺らす大きな音が聞こえた」と証言。しかし、判決は「参拝者の多い正月三が日に大きな音を鳴らしたら、周囲に泥棒をすると明らかにするようなもので不合理だ」と指摘。さらに、「男性が箱を持ち上げているのを見た」との証言についても「当時は薄暗く、確実に見たとするには疑問が残る」と結論付けた。
 山上秀明・東京地検次席検事の話「検察官の主張が認められず遺憾。判決内容を十分検討して適切に対応したい」
(2017年09月02日 16時41分 読売新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます