報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

無登録で貸金業を営んだ業者に有罪判決 東京地裁

 無登録で貸金業を営んだとして貸金業法違反罪に問われた松山市の金融業「咲良(さくら)コーポレーション」取締役、花岡香被告(62)の判決公判が23日、東京地裁で開かれた。大西恵美裁判官は懲役2年、執行猶予3年、罰金200万円(求刑懲役2年、罰金200万円)を言い渡した。同法違反罪に問われた法人としての同社は、求刑通り罰金300万円、追徴金約2800万円とした。
 判決で大西裁判官は「貸し付けに伴う利得額は約2800万円に上り、営業規模は大きい」と指摘した。
 判決によると、愛媛県知事からの登録を受けずに貸金業を営み、平成24年2月から26年12月までの間、3社と1人に対して計1億9千万円を貸し付けた。 
 同社の貸付先の建設会社などが、宮城県などが発注した東日本大震災の復興事業を請け負っていた。東京地検特捜部が受注に不正がなかったか捜査していたが、裏付ける証拠が得られなかった。
(2017.8.23 13:12 産経ニュース)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます