報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

痴漢犯行後、線路に逃走した男に有罪判決 「ニュースを見て自分も逃げた」

 JR埼京線で痴漢をしたとして、東京都迷惑防止条例違反の罪に問われた無職の男(41)=埼玉県川口市=の判決で、東京地裁は29日、懲役6カ月保護観察付き執行猶予3年(求刑懲役6カ月)の判決を言い渡した。林直弘裁判官は「被害者は精神的に大きな衝撃を受けたが、被告は反省しており、今回に限り刑の執行を猶予する」と述べた。
 被告は犯行後、逮捕を免れるため降車した板橋駅のホームから線路へ下りて逃げた。判決言い渡し後、林裁判官は被告に「二度と同じことをしないよう注意してください」と語りかけると、被告は「分かりました」と頭を下げた。
 判決によると、被告は4月25日朝、JR埼京線の車内で20代女性の尻をスカートの上から触った。線路に逃げた理由について、捜査段階では「ニュースを見て自分も逃げた」と述べていた。(志村英司)
(2017年06月29日 16時57分 朝日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます