報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

田母神被告に有罪=都知事選で運動員買収−東京地裁
 2014年の東京都知事選をめぐり、運動員らに現金を配ったとして公選法違反(運動員買収)罪に問われた元航空幕僚長、田母神俊雄被告(68)の判決が22日、東京地裁であった。家令和典裁判長は「民主主義の根幹である選挙の公正さに大きな疑念を抱かせる犯行だ」と述べ、懲役1年10月、執行猶予5年(求刑懲役2年)を言い渡した。
 家令裁判長は「報酬表には『会長指示自衛隊関係』という項目で約308万円が追加計上されており、被告の指示か了承があったと推認できる」と指摘。「全国の支持者から寄付された金員の余剰分を原資とするもので、公職の立候補者の自覚を欠いた」と批判した。
 田母神被告は公判で「了承や指示は一切していない」と主張。選対本部事務局長だった島本順光被告(70)=公判中=らとの共謀を否定し、無罪を訴えていた。
 判決によると、田母神被告は島本被告や元出納責任者(58)=有罪確定=と共謀。都知事選後の14年3〜5月、選挙運動の報酬として6人に計480万円を渡した。
 田母神被告は08年、政府見解に反し過去の日本の戦争を正当化する論文を公表して空幕長を更迭された。その後は保守派の論客として活動し、舛添要一前都知事が当選した14年の知事選に立候補したが、落選した。
 判決後、田母神被告は記者会見し、「非常に残念。共謀など絶対にしていない。本当に公正な裁判が行われたか疑問だ」と話し、控訴する意向を示した。
(2017/05/22-11:28 時事ドットコム)

田母神被告に有罪判決 運動員買収事件で東京地裁
 2014年の東京都知事選に出馬し、運動員に報酬を渡したとして公職選挙法違反(運動員買収)罪に問われた元航空幕僚長、田母神俊雄被告(68)の判決が22日、東京地裁であった。家令和典裁判長は「候補者としての自覚を欠き、厳しい非難を免れない」として、懲役1年10月、執行猶予5年(求刑懲役2年)を言い渡した。
 家令裁判長は判決理由で、元出納責任者(58)=有罪確定=らの証言をもとに「田母神被告は一部の報酬の増額を指示するなどしており、運動員買収で果たした役割は小さくない」と指摘。「合計480万円の報酬額は高額で、選挙の公正さに大きな疑念を抱かせる犯行だ」と述べた。
 田母神被告は「選対本部への監督が行き届かなかったことは心からおわびするが、金を配ることを了承したことは一切ない」と述べ、無罪を主張していた。
 判決によると、田母神被告は14年3〜5月、陣営の元選対事務局長、島本順光被告(70)=同罪で公判中=に報酬として200万円を渡したほか、島本被告と共謀して運動員だった5人に計280万円を配った。
 田母神被告は判決言い渡し後に記者会見し、「非常に残念だ。やってもいないことで有罪にされたらかなわない」と話した。控訴を検討する。
 田母神被告は14年2月の都知事選に立候補。約61万票を集めたが、落選した。
 東京地検特捜部は昨年3月、田母神被告の資金管理団体で多額の使途不明金が見つかったとして、政治資金を不正に流用した業務上横領容疑で団体の事務所などを家宅捜索。昨年4月に公選法違反容疑で田母神被告らを逮捕した。業務上横領容疑については不起訴処分とした。
(2017/5/22 10:12 日経新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます