報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

リップル詐欺、実刑判決

 仮想通貨「リップル」の取引所利用者から現金をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた取引所運営会社の元代表竹中優樹被告(31)に東京地裁は26日、懲役1年8月(求刑懲役3年)の判決を言い渡した。
 白石篤史裁判官は、投資の失敗などで会社が債務超過状態になり、利用者からの返金依頼に応じられないと認識しながら金を預かったと指摘。「酌むべき点は乏しい」と述べた。
 判決によると、2015年3月、リップルの取引で用いる電子借用証書の発行名目で、仙台市と大阪府の男性2人に現金計530万円を運営会社の預金口座に入金させ、詐取した。【共同通信】
(2017年12月26日 / 20:41 / ロイター)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます