報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

ジェトロに賠償命令 中国人が営業秘密流出に関与と紹介

 日本貿易振興機構(ジェトロ)の報告書で「営業秘密の流出に関わった」とされ、精神的苦痛を受けたとして、中国人女性がジェトロに550万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が8日、東京地裁であった。鈴木正紀裁判長は、執筆者は女性に取材をしておらず、関与したと信じる相当な理由はない、として名誉毀損(きそん)を認め、55万円の支払いをジェトロに命じた。
 判決によると、ジェトロは2014年、「中国における営業秘密の管理・その流出と対応に関する実態報告書」をホームページに掲載。事例の一つとして、中国の日系化粧品原料メーカーに勤務していた中国人従業員が、中国の同業他社に転職し、営業秘密の流出に関与したと紹介した。
 判決は、報告書は原告女性の名前を記載していないが、社名や肩書が明記され特定できると認定。女性と敵対する日系メーカーの情報を中心に執筆され、名誉を毀損したと結論づけた。
 判決について、ジェトロは「多くの点で主張が認められたが、一部名誉毀損とされたのは残念。内容を精査して対応を検討する」とコメントした。(後藤遼太)
(2017年11月8日23時07分 朝日新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます