報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

支店長は「名ばかり管理職」=コナミスポーツに残業代命じる−東京地裁

 コナミスポーツクラブ(東京都品川区)が支店長を管理職として扱い、残業代を支払わないのは不当だとして、元支店長の女性が未払いの残業代約650万円を求めた訴訟の判決が6日、東京地裁であった。佐々木宗啓裁判長は、同社の支店長は労働基準法が定める管理監督者に当たらない「名ばかり管理職」と認め、同社に約400万円の支払いを命じた。
タイムカードで時間意識を=教員働き方改革で緊急提言−中教審部会
 佐々木裁判長は、同社の支店長はアルバイトの採用や備品の購入に本社の決裁が必要だったと指摘。労働時間もタイムカードで管理され、「経営者と一体的な立場にあると言えるだけの重要な職務と権限を付与されていなかった」と判断した。
 判決によると、女性は1989年に入社し、2007〜14年に都内2カ所で支店長を務めた。
 コナミスポーツクラブの話 判決を入手していないのでコメントできない。
(2017/10/06-19:01 時事ドットコム)

「名ばかり管理職」 会社に残業代支払い命じる判決

 会員制のスポーツクラブで支店長などを務めていた女性が、権限の限られた「名ばかり管理職」だったとして残業代の支払いを求めた裁判で、東京地方裁判所は、スポーツクラブに対して400万円余りの支払いを命じる判決を言い渡しました。
 東京に本社がある「コナミスポーツクラブ」の店舗で、おととしまで支店長やマネージャーを務めていた女性は、権限が限られていたのに、管理職として扱われ、残業代が支払われなかったのは不当だと訴えました。一方、会社側は、支店長やマネージャーには、施設の管理や人事の権限があり、管理職に該当すると主張していました。
 6日の判決で、東京地方裁判所の佐々木宗啓裁判長は「アルバイトの採用などは会社の決裁を得る必要があり、原告の判断が尊重されていなかった」と指摘しました。
 さらに、「人手不足で、一般の従業員と同じように受付やインストラクターの業務をしなければならず、管理職とは認められない」として400万円余りの支払いを命じました。
 女性は会見を開き、「訴えが認められ安どしています。同じように苦しんでいる人が安心して働ける会社が増えてほしい」と述べました。一方、コナミスポーツクラブは「判決を手に入れていないのでコメントできない」としています。
(10月6日 19時39分 NHK)

「名ばかり管理職」認定 コナミスポーツ、東京地裁

 コナミスポーツクラブ(東京)の元支店長の女性が、権限や裁量のない「名ばかり管理職」だったとして未払い残業代などの支払いを求めた訴訟の判決で、東京地裁は6日、同社に残業代約300万円と労働基準法違反への「制裁金」に当たる付加金90万円の支払いを命じた。
 労基法は給与などで相応の待遇を受け、労働時間に自由裁量がある「管理監督者」は残業代の支給対象外と規定。同社の支店長がこれに当たるかどうかが争点だった。
 佐々木宗啓裁判長は、女性が人員不足でフロント業務などに従事し、恒常的に時間外労働を余儀なくされていたと認定。「裁量が相当制限され、管理監督者の地位にあったとは認めらない」と指摘した。
 判決によると、女性は1989年に入社。2007年から都内などで支店長やマネジャーを務め、15年に退職した。
 判決後に記者会見した女性は「会社の労働環境は変わっていない。判決が私のように苦しんでいる人のためになればいい」と話した。コナミスポーツクラブは「判決を入手していないのでコメントできない」とした。〔共同〕
(2017/10/6 20:33 日経新聞)

PDF東京地判H29.10.6

平成27年(ワ)第16310号未払賃金等請求事件
東京地方裁判所民事第11部
裁判長裁判官 佐々木宗啓
   裁判官 上田真史
   裁判官 原島麻由

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます