報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

二審も相撲協会勝訴=元顧問の地位確認訴訟−東京高裁

 日本相撲協会の危機管理業務などに携わった元顧問の男性が解雇されたのは不当だとして、同協会に地位確認などを求めた訴訟の控訴審判決が6日、東京高裁であり、斉木敏文裁判長は労働契約は締結されていないとした一審東京地裁判決を支持し、男性側の控訴を棄却した。
 斉木裁判長は、採用辞令に押された公印が適正に取り扱われたとは言えないと指摘。給与明細書の作成や男性の口座に給与の一部が振り込まれたのも、男性側が行ったと推認されると判断した。
 相撲協会は男性が立場を悪用し、不当に利益を得たとして損害賠償を求めており、芝田山広報部長(元横綱大乃国)は、「あとは粛々と闘っていく」と述べた。 
(2/6(水) 18:25 時事通信)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます