報道等をもとに日本の裁判官の情報を収集、掲載しています。

静岡・伊東の干物店強殺、2審も死刑判決

 静岡県伊東市の干物店で2012年、経営者ら2人を殺害し、現金を奪ったとして強盗殺人罪に問われた元従業員の肥田公明被告(65)に対し、東京高裁(大島隆明裁判長)は30日、1審・静岡地裁沼津支部の死刑判決を支持し、被告側の控訴を棄却する判決を言い渡した。被告側は上告した。
 判決によると、肥田被告は12年12月18日、経営者の清水高子さん(当時59歳)と従業員の小淵慶五郎さん(同71歳)の首などを刃物で刺すなどして殺害。売り上げなど計約29万円を奪った。判決は「極めて残虐で非人間的な犯行で死刑はやむを得ない」と指摘した。
(2018年07月30日 20時17分 読売新聞)

伊東・干物店強殺、二審も死刑 東京高裁、元従業員の控訴棄却

 伊東市の干物店で2012年、社長ら2人を殺害し売上金を奪ったとして強盗殺人の罪に問われ、一審の静岡地裁沼津支部の裁判員裁判で死刑判決を受けた元従業員の男(65)=同市大原=の控訴審で、東京高裁(大島隆明裁判長)は30日、一審判決を支持し、弁護側の控訴を棄却した。
 判決理由で大島裁判長は被告が事件発生直後に多額の現金を費消した点や、店内に立ち入った時間が被害者が刃物で攻撃された時間帯と極めて近接している点を指摘し「残虐性や強固な殺意があり、動機に酌むべき点は認められない」と述べ、「不合理な弁解に終始し、反省も示していない」と非難した。
 被告は一貫して無罪を主張。控訴審では現場に行ったと認めつつ「店を一度出て戻った」と犯行を否定していたが、大島裁判長は「不可解で信用しがたい」と断じた。第三者が犯行に関与した可能性を否定できないとした弁護側の主張は「殺人犯と被告が入れ替わるようにして干物店に出入りしたとは考えがたい」と退けた。
 一審判決については、被害額の認定に若干誤りがあるとしたものの不合理な点はなく被告が強盗殺人の犯人であることが証明されているとした。
 控訴審判決によると、被告は12年12月18日、同市八幡野のひもの店で、同店社長の女性=当時(59)=と従業員の男性=当時(71)=をそれぞれ刃物で突き刺した上、店内に設置されたプレハブ型冷凍庫内に閉じ込め出血性ショックで殺害し、店の売上金や釣り銭など現金約29万円を奪った。
 判決言い渡し後、弁護側は上告する意向を示した。
(2018/7/31 07:55 静岡新聞)

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

もくじ

名前で検索


 あ行

 か行

 さ行

 た行

 な行

 は行

 ま行

 や行

 ら行?

 わ行

 

管理人/副管理人のみ編集できます